2019年08月21日

コンクール 予選


 コンクール、予選でしたよ。
 
 はい、受かりました。
 おめでとう私。

 って、落ちた人いないんだけど。
 まぁ、毎年予選はこんな感じだからな。
 おかげで、ちょっと気楽に弾けた。

 も、間違いなく練習不足なのだ。
 なので、会場に向かう車の中で、すごい動悸がしていて「おおお、あがってるよぉ」と驚いたりしていた。
 というか、人間として当然の反応なんだよね、って感じると動悸がしている状態を受け入れられる気がしてきた。

 もっとも、演奏直前に「音、なんだっけ」って何度も楽譜みなおしたけどね。
 
 舞台出て、めっちゃゆっくりお辞儀して、客席ガン見した。
 椅子なおして、鍵盤拭いて…って、ゲン担ぎにしている猫さんハンカチ忘れていたんだけどね。お、忘れているよ、って気づいた時は焦った。が、忘れたものはどうしようもないし、所詮ゲン担ぎだもの。
 弾く前に鍵盤を拭く、って去年ぐらいから弾く前のルーティンに入れるようにしたのけど、ようやくルーティンとして定着してきたように思う。ちゃんと、弾いて終わって持って帰られるようになった。ルーティンになっていない時は、毎度忘れて帰っていたものね。成長したね、私。
 
 弾き始めて…。
 今年は、去年の続きの2曲で、最初はものずごくゆっくり。
 響きで聞かせる曲なのだ。師匠から「息をゆっくりして」って言われていて、そこを意識する。
 なので、まぁ、大きなミスはなくやり過ごす。

 2曲目が…。
 まぁ、弾けていないところは弾けなかったよ。外してばっかりのところは、外したよ。
 が、それでも「これはこういう曲なんですよ」って顔して、弾ききる。
 
 暗譜が怪しいので、それはそれで余計なことを考える余裕がないので、よかったってことみたい。

 終わった後のお辞儀も、ゆっくりして会場ガン見して、「私はちゃんと弾けました」って顔して降りた。
 袖はいったとたん、笑っちゃったけどね。

 いやあ、笑えるぐらい外したさ。

 点は、いい点つけてくれた方もいたいし、ぎりぎりの方もいた。
 打倒なところだと思う。
 
 本選は10月。
 今年の全国大会は、12月の頭で、その翌週が生徒のコンクールなので、ものすごく微妙な感じなのだけど、ここはひとつがんばって「いったいどうすればいいんだあ」って贅沢な悩みを抱えたいと思うのである。


posted by xmayumix at 17:03| Comment(0) | scriabin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

後ろ足で


 まぁ、いうてもなんだかんだと長くやっているので、色々ある。
 後ろ足で砂かけられるようなことも…。

 最近、あったので、へこんでます。
 
 ついでに、過去の色々を思い出して、さらにへこむ。
 へこみの悪循環。
 
 やれやれ。

 が、しかし、ないわあって思い出したのは、最近のを含めて3件だったので、あれ、これってたいしたことないんじゃない、って思えてきた。
 つか、ちゃんと対処して、割り切って、立ち直ってるってことなんじゃない。
 
 私、えらいww

 過去の色々…。
 まあ、その他にも色々あったお家なんだけど、極寒の時に全く暖房いれてくれなかった。(家にいってのレッスンだった)
 しかも、姉弟で教えていたからね。もう、終わった時には口が寒さでがくがくいうぐらい寒かった。で、一回子供がはだしだったのもあって、「寒くないんですか?」ってお母さんに言ったの。そしたら、母親「さっきまで炬燵でぬくもっていたから大丈夫」って言ったよ。
 なんつーか、私はサイボーグだと思っていたのかな。
 あ、そこ、ものすごい暴風雨の日にいったけど、何も言われなかったよ。(かなり昔なので台風で休むっていうのがないし、そもそも携帯がないので連絡のしようもなかった) そのあとにいったお家では「こんな嵐の中、すみません。大丈夫でしたか」ってめっちゃねぎらわれた。
 って、そういう言葉がでるのが普通だよね。
 相手が人間だと思っていたら。

 で、ま、そこも色々あったけど、最後のレッスンの時、子供ががーーっと教室に入ってきたけど、手ぶらだった。
 教室の入り口から、親が私を呼ぶ。
 教室は、いわゆるコの字型なので、入り口から呼ばれると私がそこにいかないといけない。
 で、今日は挨拶に来ただけ、レッスンはしなくてもいい、って。
 だったら、親も教室にはいってきて、挨拶しないか。
 もしくは、子供を教室に駆け込ましたりしないで、入り口に一緒に並んで挨拶しないか。
 
 そこも、今回のも、コンクールとか発表会とかで、補講した。
 それにたいして、当たり前、って感じなんだよね。
 補講を休んで、どこそこに行った、とかっていうのだけど…。
 私の感覚だと、せめてお土産もっていくよ。

 そーいうのも、一切なかった。

 結局、氏より育ちみたいな、感じなのかな。
 義母さんが私に「しつけができている」というのだけど、(それはそれで犬かよ、ってむきっとするのだけど)人として礼儀とか、礼節とか、矜持とか、そういうのがちゃんとしてるかどうかって大きいなと思う。
 まぁ、多分、ちゃんとしてなくても生きているのには大差ないんだろうけどね。

 でも、美しさは違うよ。
 人生を美しく生きるには、礼儀とか礼節とか矜持とかが、多分必要なんだと思う。

 つーのがこの年になってきて見えてきたので、やっぱ、年食うのは意味があるんだろう。

 
posted by xmayumix at 21:19| Comment(0) | monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

やりかけたら…


 6月の頭に試験がありまして…。
 
 いやあ、まじ玉砕。
 伴奏付けは、5点ぐらいだろうな。

 バッハと自由曲は受かってるといいなって思うけど、まぁどっちも微妙。
 それでも、バッハを暗譜で弾きとおしたのはえらい。と自分では思う。

 うん。
 元々バッハって暗譜しにくいし、しにくいから、人前で弾くことがどんどんなくなるし、なくなるからさらに暗譜しなくなるし、って暗譜しない悪循環(?)になっているものね。しかも、年々加齢でアホになってるしね。
 
 ともあれ、ダメだったとしても一応暗譜できているので、次はなんとかなる。

 って、次受けるのかよぉww

 酒の席で調子よいこと言って受けることになったんだから、1回受けたことで、約束果たした、ってやめても誰も何も言わないのにね。
 なんで私、次も受ける気でいるんだろう。
 アホじゃね、と自分で思う。

 が、いやなのだ。
 やりかけたものを放り出すのは嫌なのだ。

 面倒くさい性格ww

 なんで、次は10月だ。
 ほんとに、1ミリもできなかった伴奏付けを今度はがんばる。
 ええ、科学の力を使ってやるさ。

 いわく、某スコアメーカーで伴奏付けの問題を読み込ませて、それを課題の調に転調する。
 とりあえず、その作業は一通りやったので、今、大量に例題があるよ。
 試験まで、延々とやっていればそのうちなんとか、少なくとも課題の調に関してはなんとかなるだろう。

 いやあ、科学の力ってすごいわ。
 音感なくても、補えるツールってあるもんだ。


posted by xmayumix at 13:51| Comment(0) | scriabin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

アニメ「ピアノの森」 音楽とは光を求めること


 終わりましたねぇ。
 まさか、ああなるとは。
 
 最後ぐらい、バンクでいいからちゃんと動かせよって思ってたけど、テコでも動きませんでしたね。
 も、謎のふわふわ入れるぐらいなら、動かせ!

 音楽とアニメの融合って1期でものすごく期待してのになぁ。
 むしろ反対だろう。
 1期、あんまり動いてないけど、2期になってものすごく動く、ってなるべきだろうに。

 と、文句はこれぐらいにして…。

 思ったこと。
 「音楽とは光を求めることである」と。

 阿字野にとって、カイは光であったし、カイにとってピアノは光で阿字野は光に自分を導てくれる人だった。
 雨宮くんは、自分の中の光に気づいたし、パンウェイは阿字野のピアノの中に何を見たか気づいた。

 光は、きっとお釈迦様がたらした蜘蛛の糸のようなものだろう。
 それに向かって手を伸ばすものだけが、その光を見ることができる。つかむことができる。

 何があろうと、光を求めることは美しい正しいことなのだ。
 泥土の中から浮かび上がった睡蓮が美しいように。

 なんてことを、つらつら考えていた。

 
 
posted by xmayumix at 21:41| Comment(0) | monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

ピアノの森 後半

 なんか、ひどくてがっかりだよぉ。
 
 絵が、全然動いてない。
 あれだったら、前半も動かないでいてくれた方がよかったよ。
 なんで、前半あんなにがんばったのに、後半これなの??

 と、音楽にかかわってる人間は、もっと純粋だと思うよ。

 まぁ、この点は多分原作者があれなんだろうけど。
 中村紘子氏の著書を読めよと言いたい。

 …哀しいよ。






posted by xmayumix at 21:39| Comment(0) | scriabin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする