2020年12月16日

コンクールその2


 今日は、ピアノの結果発表だったよ。

 次の大会に3人すすむようになってた。
 すごい。

 でもって、何気なく「出る?」って言った子も銀賞になった。
 すごい。

 って、これは、また4月にむかって激務が待ってるってことか。
 がんばれ私。




posted by xmayumix at 21:58| Comment(0) | scriabin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月15日

コンクールその1


 先週、コンクールでした。

 今年は、当日に表彰式しないで結果は後日HPで発表ってなった。
 今日が、初日の発表の日だった。

 仕事帰ってから、どきどきしながら開く。
 
 一人金賞だったよぉ。
 びっくりだ。

 びっくりしすぎて、晩御飯でつい呑み過ぎてしまった。
 てへ。

 明日は、二日目の発表があるのだけど、どうなんだろうな。
 ちょっとミスした子がいるのだけど、ミスをどうとらえるかって、審査員によってすごく違うからね。
 でもって、今年審査員の顔ぶれが結構違っていたので、どう転ぶか不安。

 にしてもHPで発表するのは、金賞と銀賞だけなんだよね。
 銅賞もあるのに、それは後日発送する表彰状で見てね、ってなってる。
 エントリーした子のデーターが、あるから、発表っても名前をコピペするだけだろうに、なのになぜ?
 わけわからん。

 ともあれ、受賞者コンサート、次の大会へと、私の戦いは続くのであるww



posted by xmayumix at 22:46| Comment(0) | scriabin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

弾きたかったなぁ


 先日、師匠からのラインで、某ホールのメインホールでピアノが弾ける、ってお知らせがきた。

 結構ぼうってる値段だけど、5階席まであるホールだよ。
 も、こんな機会絶対ない。
 なんで、弾きたいです!! って返事したんだけど、日にちきいて絶望。

 生徒のコンクールの日だったよ。
 あああ。

 師匠は「何時に終わるの? それからの時間でもとれるかも」って言ってくださったのだけど、今の段階で何時終了かさっぱりわからない。そんでもって、その二日、まるっとみっちり係りとかなんとかあってばたばたやってる。流石に疲れ果てて無理…むりだよねえ。
 ってことで、残念ですが、って辞退させていただいた。

 ああああああ。

 弾きたかったなぁ。
 弾きたいよ。

 メインホールだよ。
 まぁ、うちの地方つか田舎のホールなので、音楽専門じゃないからさほどじゃないかもしれなけど、でも、こんな機会もうない。

 思うに、某俳優の公演がその日にそこでやる予定だったみたい。で、なぜか、それが中止になっていた。(劇団の中で感染者がでたのかなと想像) で、ぽっかりその土日が空いたんだろうな。
 でも、なんでコンクールの日なんだよぉ。

 いいんだもん。
 来年はまた某コンクールがんばって、みなとみらいで弾くんだもん。
 と、とりあえず自分を励まして慰めるのである。


posted by xmayumix at 14:13| Comment(0) | scriabin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

10月は黄昏の国


 10月ですね。
 レイ・ブラッドベリの「10月は黄昏の国」が読みたくなる季節ですww

 えっと、散々暗譜が!!!
 って言っていましたが、なんとか乗り切りました。
 
 ベートーヴェンは、それなりに。
 聞きにきていた生徒の弟くんが、感動したとかなんとかで絶賛してくれてたそうな。
 でも、ベートーヴェンは難しいね。
 うん。若いときは、底辺というか奥底にある難しさがわかってなかった。それが、難しいことがわかるようになっただけ、ちょっと成長したと思いたい。
 
 花村光浩は、もう無理矢理というか強引に覚えた。
 で、本番、ぐだぐだだったのだけど、師匠からは「よかったわよ」って言ってもらえた。
 まあ、あーいうのはやっぱり雰囲気なんだよね。もしくは、世界に入り込む感じが大事なんだろう。

 音楽を演奏するって、演劇に似てると思う。
 つか、かなり近いと思っている。
 
 だから、まあそういうこと。

 そうやって、夏の山場は終了したのである。

 そして、今は次にむかって…。
 って、常に追われてるんだよね。やれやれ。

 1月のサロンコンサートのためにモーツァルトのファンタジアソナタを練習中。
 前の浜松の国際コンクールで何人かの演奏を聞いて、かっこいいって思っていたの。
 で、これは、そのまま来年の生徒の発表会の時の講師演奏にもっていくつもり。
 結構長い曲なんだけど、COVID-19が収まって、講師演奏を長くしても大丈夫になりますように、って願いもこめて。

 と、伴奏付けを日々練習中。
 グレード試験の保留期間がまるっと1年延びた。
 なんで、まずは2月に受ける予定なんだけど、そのあと6月、10月、2月と、4回受けられる。
 まぁ、どっかで受かったらラッキーだし、それでも落ちたら、やっぱ伴奏付けは無理だわ、ってきっぱり諦められる。
 うん。
 何より、視力というか、ピントが合わせられなくなってきてるので、初見で弾くってマジで無理って感じなのだ。

 後は、花村光浩の続きを。
 今年は、1〜3しか弾けなかったので、来年は組曲全部を弾きたいな。

 と、スクリャービンを引っ張り出して、「ポロネーズ」をひいてる。
 まあ、びっくりするぐらい忘れていて、全然弾けないのだけど、やっぱスクリャービンの音って好きだわって思うのである。

 こうやって書き出すと、毎度ながら自分で自分の首しめてるよねって、ちょっと笑えるのである。
 やれやれ。


posted by xmayumix at 21:40| Comment(0) | scriabin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

暗譜がぁあ


 もうすぐ発表会ですよ。

 今年は、生徒の発表会も遅いので、それの講師演奏と師匠のとこの発表会と、日が近い。
 ってことは、講師演奏終わってから、発表会の曲を覚えるじゃ、間に合わない。

 なんで、絶賛暗譜中です。

 覚えられない<吐血

 ベートーヴェンと邦人って、同時に覚えるには無理があったわ。
 やれやれ。

 まぁ、それでも、昔できていた映像として覚えるっていうのを思い出しつつあるので、ましなんだけど。
 って、映像として頭の中に再現しても、肝心なところでわからなくて、「ここから先は、デットエンド」ってなるんだけどさ。

 生徒とか、よろよろ弾いているのに覚えたりしてるんだよね。
 どうなってるのか、不思議。

 最終的に、楽譜見て弾くよ、ってなっても誰も文句言わないんだろうけど、それはだめよ、ってなってるところだけが自分の矜持。
 がんばれ、私。
 
posted by xmayumix at 20:35| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする