2018年10月10日

コンクール


 コンクールでした。

 なんとびっくり、受かっちゃったよ。
 
 相変わらず、指痛かった、つか、完全にこじらせてるんですけど。
 それなのに。
 途中、わあってなってごまかしたのに。
 って、まぁ、これは現代音楽だから、できる芸当だよね。

 一応、今年から全国大会にいける人数をしぼることになったって言っていたのに。
 
 でもって、やっぱり、うれしい。
 めちゃくちゃうれしい。

 がんばったことを評価されるっていうのは、心底うれしい。

 っていうのを、改めて実感できてよかったです。
 
 全国大会は12月。
 今年は、仕事に支障なくいける日程なので、ありがたい。
 って、12月の頭に生徒のコンクールがあるので、そのためにめっちゃ仕事いれてるんだけど、じゃ、私はいつ練習すればいいんだ??
 
 やばいっ!!


posted by xmayumix at 21:57| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

ささくれ、ささむけ、ETC


 私のところじゃ「ささむげ」って言うんですけどね。
 とりあえず、ぐぐってみて、地域で色々呼び名が違うということを知った。
 うむ。
 何事にも学習することはあるもんだ。

 ってことで、ささくれ、とか、ささむけ、とかいわれるあれが、悪化して痛いのなんのって。
 あんまり痛いので、これは膿むのかなって思ってたんだけど、それはないので、最悪の事態は免れている。
 が、痛い。
 とにかく、痛い。

 弾いてると、まともに当たっていたい。
 しかも、左の3の指の外側だよ。滅茶苦茶使うところだよ。

 ええい、痛いぐらい、気合でって思ったけど無理。
 今、キーボード打っていても痛いのだから、お察しください。

 なんで、コンクール前、もぎとった3連休、練習三昧だぜぇ!!って思っていたのに…。
 やれやれ。

 ま、そんでも、痛いピークはすぎたっぽいので、本番までには治ってる、つか、ましになっているはず。
 と、さかむげは今後決して指でピッってやりません。ハサミで切ります。猛烈に反省してます。

 まぁ、それでも、本番でMAX痛いってならないから運がいい。
 ついでに、これがインフルエンザとかじゃなくて本当によかった。
 人に迷惑かけるって類じゃないので、ラッキー。

 ってことで、なんだか温めると治りが早いってネットで見たので、これから蒸しタオル作って温めます。
 がんばれ、私の細胞!



posted by xmayumix at 21:25| Comment(0) | monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

コンクール予選


 コンクール予選でした。
 
 組曲の中の3曲を弾いたのだけど、1曲めで、あらあらあら、やばいわ、ってなっていて、2曲目の途中で、わあああああ、ってなった。
 3曲目はまぁましだった。

 うーん。
 待ってる時は、やばいやばい、夢で見たみたいに最初の音がわからなくなったらどうしよう、つか、なりそう。
 て焦っていたのだけど、別に手足が震えるとかはないし、心臓も無駄にばくばくしてなかった。手は冷たくなっていってたけどね。
 ようするに、いつもよりは緊張してなかった。

 で、今朝(<をい)ぐぐって緊張しない方法を見た。
 舞台で客席をちゃんと見るっていうのがあって、へんに納得した。
 だもんで、今日は最初のお辞儀の時も終わりのお辞儀の時も、客席をばっちりみた。

 まあ、練習みたいに完璧に弾けるなんて、豆腐メンタルの私にはハードルがたかすぎるさ。

 そんでも、今までのコンクールの中で一番点がよかった。
 うん。なんだったら本選通りますよって点数がついてたよ。
 いえい!

 ま、豆腐メンタルが揺るぎないのはどうしようもないので、練習の時のレベルを上げるしかないよね。
 ってことで、次は、日曜日の師匠のとこの発表会。
 そして、10月の本選なのである。

 
 がんばりましょう!




posted by xmayumix at 16:54| Comment(0) | scriabin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

暗譜できない…


 8月の下旬に師匠ところの発表会があるのだけど、まぁ、それに向かって暗譜しているわけだ。

 できないっ!

 こないだなんで、6小節を1時間ぐらいやったけど、できなかった。
 自分で自分にあきれる。
 ばかなんじゃない。
 って、おっと、自分がばかであることに無自覚だったのかと、セルフつっこみ。

 と、延々と自分でつっこみいれたくなるぐらいばかなのである。
 やれやれ。

 まぁ、それでも怪しいところは多々あるにしても、ぼんやりとは覚えてはきたんだけどね。
 問題は、ピアノが違うとわからなくなるってところだ。

 調律が違うじゃない。
 ひょいと、あれ、違うって思ってしまうととたん瓦解する。
 なんと、軟弱な…。

 にしても、私はなんちゃって音感しかない、というか、むしろ音感ないのだけど、絶対音感を持っている人はピアノによって調律が違うっていう点はどう対処しているのだろう。
 絶対音感だと、あれ、違うって思ってもそこで全部の上書きができるのだろうか。
 
 あー、誰かに聞いてみようっと。
 うん。調律が違うけど正しい、って場合と、結構狂ってるよ、って場合も、ちょっと狂ってるよ、って場合もあるだろう。
 それぞれにどう対応しているのか、聞いてみようっと。

 って、えーなんとなく、意識したことない、とかって返されそうな気がすごいするんだけどねww





posted by xmayumix at 08:03| Comment(0) | monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

2018コンクール


 本選が、2018年にあるので、去年の12月に予選があったコンクールだけど、2018。
 当然ではあるのだけど、やっぱり違和感があってこまります。
 だって、来年度の地区予選は、今年の12月にあるからねぇ。

 ってことで、地区大会が終わって、2018年のコンクールも終わりました。
 海わたっていった県も、隣の県でも、いわゆる銅賞をいただきました。
 …ま、正直、もうちょっといい色がもらえると思ってたんだけどねぇ。
 でも、結果オーライってことで。

 で、なんつーか、やっぱりピアノって人間がでるなぁって。
 じわっとにじみ出る感じなんだよね。
 海わたった方は、じわっと弱さというかおよび腰な感じが出てしまったし、隣の県のは、ざっくりしてますっていうのが出てしまったな。
 ようするに、本当にその子にあった曲にできてない…。
 いや、曲の中まるっとその子にあう、っていうのは無理なので、どこかで折り合いをつけていくしかないのだけど。

 結局は、曲を引き寄せる力か。

 うん。
 その力が弱いから、本来曲でまるっと囲んでほのかに透けて見えるのでいい自分が、へんにでてしまうってことなのかな。。

 いやあ、まとまらないわ。
 ともあれ、猛反省中なのだ。
 むしろ、自分自身の指導力不足を実感して、ちょっと打ちのめされている。
 やれやれ。

 まぁ、すでに発表会の準備が始まっているので、ダメージ受けてる場合じゃないんだけどね。
 
 ってことで、腰を上げようよ、私。



posted by xmayumix at 09:39| Comment(0) | monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする