2015年08月24日

発表会@2015


 発表会でした。

 楽屋とか、舞台そでとか、どういけばいいのかよくわからないホールだったけど、まだ新しくてきれいだった。
 で、なんせスタンウェイ様ですからww

 まだ新しい楽器みたいで、やたらぴかぴかしてた。
 でもって、すごく弾きやすかった。ま、低音が響きすぎるというか、高音の響きが足りない感じだったけどね。

 つーことで、リハーサルは気持ちよく弾く。
 師匠に「低音、押さえたほうがいいですかねぇ」なんて聞いちゃうぐらい、余裕だった。
 
 本番。
 やっぱり、どきどきする。当たり前だけど。
 で、本気であがると鍵盤が歪んで見えるということを自覚したので、椅子にすわって、とにかく鍵盤を見る。で、真っ直ぐなのを確認する。

 練習が10だとしたら7ぐらいかな。
 音ミスとかあったけど、でも最後まできっちり集中して弾けたと思う。
 うん。
 本当に、あの長かったスランプから抜けたんだなって、やっと実感できた。(去年、ちゃんと弾けたけどこれはこれでいい方向の<まぐれ>じゃないかと疑っていたww)

 弾いて終わって楽屋で、大学生の子とちょこっと話してて「中二病みたいな曲」って言ったらめっちゃ受けてたので、ちゃんと中二病みたいに聞こえてたんだろう。
 ええ。
 焔に向かっては、中二病こじらせてる曲だと思ってますよ。
 ま、このこじらせ具合が私には素敵だったんだけど。
 
 ともあれ、これで没100年に弾く「焔に向かって」は終わりました。
 うん、やりきったよ。
 多謝m(__)m
 
 …で、次何弾くかなって思案中。
 あ、大学生が「幻想曲弾かないんですか?」って聞いてきたので、「あれは難しすぎるよ」って答えたんだけど、ほかにも聞かれたことがあるんだよね。なんか、スクリャービンの中でメジャーな曲扱いなんでしょうかね。
 私は、あの曲は表面が暗いだけだから、ぽくないって思ってるんだけど。

 ま、なんにせよ、さっさと決めないとまずいよね。



 
タグ:Days
posted by xmayumix at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする