2016年02月24日

レッスン@FEB 2016


 すっかり放置で…。

 1月に、ちょこっとした手術を受けまして、その前後で相当へたれてました。
 自分に痛み耐性がないことを、再認識いたしました。
 いやあね。

 ま、それでもレッスンはちゃんといってましたよ。
 えらいww

 で、2月2回目のレッスン。
 見ていただいたのは、
 *モーツァルト 「フィッシャーのメヌエットによる12の変奏曲K179」
 *バッハ 「平均律12番」プレリュード
 *スクリャービン 「マズルカOP3-2」
 *プロコフィエフ 「ソナタ1番」

 モーツァルトは相変わらず、指の根元から動かす、っていうのを言われる。
 にしても、音がとれん。
 とりあえず、片手でもっと練習しないとだめだなと、自覚。
 やれやれ。

 バッハ。
 ほめてもらったよ。
 いえい。
 とはいえ、プレリュードだけでフーガはもっていけなかったので、だめだめなのだ。
 つか、フーガ、いったいいつもっていけるのだろう。
 4声のばかばか。

 スクリャービン。
 4月の師匠宅でのホームコンサートと、生徒の発表会の時の講師演奏(仮)も、プロコフィエフを弾くことにしたので、軽くやってる感じ。
 っても、マズルカってほとんどやったことないので、何度も「ワルツじゃない」って言われる。
 うーん。
 わかんないよ。1拍目がはねてるってだけじゃないの。つか、まずその、はねが甘いのがだめなんだけどね。
 あと、ペダルが上手くいれられない。
 …墓穴掘った気がすごくする。
 (マズルカをコンプリートしたい欲望がないわけではない)

 プロコフィエフ。
 ってことで、4月に弾く予定なので、がんばって暗譜しようとしたんだけど、半分もできなかった。
 やれやれ。
 で、弾くって、前提ができたことで師匠きびしくなるよww
 きっちりメロディを弾ききらないと伝わらないと。
 はい、わかってるんです。でも…。
 あと、「叩かない。置く」って。
 あー、モーツァルトの時も「音色をそろえる」って言われたんだけど、こっちもそういうことなんだろうな。
 なかなか、思うようにいかんですわ。
 やれやれ。





タグ:レッスン
posted by xmayumix at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。