2019年06月24日

やりかけたら…


 6月の頭に試験がありまして…。
 
 いやあ、まじ玉砕。
 伴奏付けは、5点ぐらいだろうな。

 バッハと自由曲は受かってるといいなって思うけど、まぁどっちも微妙。
 それでも、バッハを暗譜で弾きとおしたのはえらい。と自分では思う。

 うん。
 元々バッハって暗譜しにくいし、しにくいから、人前で弾くことがどんどんなくなるし、なくなるからさらに暗譜しなくなるし、って暗譜しない悪循環(?)になっているものね。しかも、年々加齢でアホになってるしね。
 
 ともあれ、ダメだったとしても一応暗譜できているので、次はなんとかなる。

 って、次受けるのかよぉww

 酒の席で調子よいこと言って受けることになったんだから、1回受けたことで、約束果たした、ってやめても誰も何も言わないのにね。
 なんで私、次も受ける気でいるんだろう。
 アホじゃね、と自分で思う。

 が、いやなのだ。
 やりかけたものを放り出すのは嫌なのだ。

 面倒くさい性格ww

 なんで、次は10月だ。
 ほんとに、1ミリもできなかった伴奏付けを今度はがんばる。
 ええ、科学の力を使ってやるさ。

 いわく、某スコアメーカーで伴奏付けの問題を読み込ませて、それを課題の調に転調する。
 とりあえず、その作業は一通りやったので、今、大量に例題があるよ。
 試験まで、延々とやっていればそのうちなんとか、少なくとも課題の調に関してはなんとかなるだろう。

 いやあ、科学の力ってすごいわ。
 音感なくても、補えるツールってあるもんだ。


posted by xmayumix at 13:51| Comment(0) | scriabin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする