2010年07月27日

profile

 ピアノを始めたのは、幼稚園の時。
 
 幼稚園にピアノがあって、それを先生が弾いた時、太鼓のような音がしてびっくりした。他の曲のときは、そんな音しなかったのに、その時だけそんな音がして、ピアノってすごいと思った。
 で、習い始めたものの、家にあるのはオルガンだった。

 オルガンは嫌だと、ごねる。

 結果、家にピアノがくる。
 と、同時に母にプレッシャーをかけられるのであった。いわく「こんな高価なものを買ったんだから、簡単にやめるのは許さないと」
 当たり前だなww

 で、よく覚えていないのだが、家に若い女の先生が来てくれていた。
 先生が若すぎたのか、私の我が強すぎたのか、全く上達しなかった。つか、音符の読み方なんてちっともわかってなかった。

 …バイエル上巻の終わり、イ短調のユニゾンの曲が大好きだったのは、妙に覚えてるんですけどね。

 小3で先生が変わる。
 男の先生で、スパルタだったww
 結局、この先生には高校卒業までお世話になった。
 
 その後、地方の某大学の音楽学部にすすむ。
 大学入学のさい、「今まで嫌いな曲でも我慢して弾いてきた。だから、大学にはいったら嫌いな曲は弾かない」と堅く決意する。でもって、実践したら先生に「あの子は面倒」といわれちゃったww
 
 卒業の時は三善晃の「ピアノソナタ」を弾いた。

 卒業後、某音楽教室の講師になる。
 生徒に心身を削り取られる日々に、こりゃいかんと、レッスンを受ける。で、何人かの先生を渡り歩いたあと、現在の師匠にたどりつく。

 …レッスンの1週間前だけがんばる的な、だらだらしたできない生徒だった。
 そのうち、旦那が病気になってレッスンを受けられなくなった。

 旦那も元気になったころ、自分の指が全く開かなくなったことに気づいてガクゼンとした。
 で、再び師匠の門を叩いたのであった。

 …去年の11月ごろから、妙に練習する気になって現在にいたる。
 練習してると、欲がでてくるもので、「焔に向かって」が弾きたいなぁと壮大に欲をだしている今日この頃。

 って、いつまで続くんでしょうねぇww



三善晃/ピアノソナタ
三善晃/ピアノソナタ
posted with amazlet at 10.07.27

音楽之友社
売り上げランキング: 1300639

ラベル:profile
posted by xmayumix at 22:45| Comment(0) | piano | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: