2010年10月06日

ただいま練習中@2010Oct

 ま、ほとんど先月と変わらないんですけどね。

 *モシュコフスキー「15の練習曲」の1番。
 *バッハ 「イギリス組曲 4番」 プレリュード
 *スクリャービン「ポロネーズ」

 
 モシュコフスキーは、延々と片手のリズム練習やってますよ<苦笑
 手首を柔軟にするためには、結局、手の甲の関節に力を乗せる必要があって、そののせ具合がよくわからんので、リズム練習。リズムかえると、一応できる。が、譜面通りに弾くと、できない。
 …はい、がんばりますよ<汗

 バッハ…。
 プレリュード、好きです。
 結局、イギリス組曲やってるのは、プレリュードが好きだからということに気づいた。
 が、なんで好きなのか、まだわかってない。
 4番は、へ長調なんだけど、なんか哀愁があってよいです。やっぱ、バッハはこういうところが素敵です。

 スクリャービンは、相変わらずぐだぐだですよ。やれやれ。
 ともあれ、メロディを出すために、右の5の空打ちを延々とやってるんだけど、効果があるのかないのかまだよくわからりません。
 と、そーいや、アルペジオを綺麗にいれるために、和音を全部弾いた状態で、隣あった音を交互に弾いていくってう練習法があるんだが、それって結局指をはっきり動かすことと音のバランスのためなんだよね、ってことは、5をはっきり出すっていうのに効果があるんじゃね?と思い、やってみる。
 しかーし、も、弾くだけで必死な和音で、4,5を交互に動かすっていうのができない。
 そんでも、うぎゃーって感じで動かしてみる。
 
 ちょっとだけ指が広がった気がする…。ちょっとだけね。

 ま、こんな感じで地味にがんばってますよ。
 うん。



Piano Music 1
Piano Music 1
posted with amazlet at 10.10.06

Hyperion UK (2002-08-13)
売り上げランキング: 27470

ラベル:練習
posted by xmayumix at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック