2010年11月24日

クラッシック=のだめ、じゃないんですよww

 ジュネーブ国際音楽コンクールで、日本人女性が優勝したそうで、おめでとうございますm(__)m

 で、ニュースとか、ワイドショーをちらちら見てたんだが、某TV局、なんでもかんでも「のだめカンタービレ」にくっつけるのはやめれ。

 数多音大があるなかで、フランス音楽院で学んだっていうのは、のだめと共通点なんでしょう。が、それだけじゃん。
 つか、のだめって言われたら、最初のあのゴミの中にグランドピアノがあったり、楽譜を無視して滅茶苦茶弾いたり、ってそのイメージが強いと思うんだが。
 ドラマやら、映画やらで、どーしてもあの局的にはのだめと関連つけたいんだろうけど、マイナスイメージになるようなことはやめてあげればいいのになぁと思っていたのであった。
 
 某辻井氏の時は、マイナスイメージなるようなものは一切報道がなかった気がする。
 やっぱり、コンクール前に大手プロダクションと契約して、そういう面で守られているからなのかなと、その差は大きいなと思ったのである。

 って、コンクールの映像見てたら、左手首になにか黒いブレスレットみたいなのがあって、普通ピアノ弾くにブレスレットはしないでしょ、って…。

 髪を束ねるゴムでした。

 コンクールの時は、後ろの上で一つ結んであとは垂らしていたんだけど、きっと練習では全部束ねて結んでたんだろうな。で、そのゴムをそのまま手首にして、本番にでちゃったんだろう。

 …のだめ、って言われてもしかたないかも、ってちょっと思ったww


ラヴェル:ピアノ協奏曲
アルゲリッチ(マルタ)
ユニバーサル ミュージック クラシック (2007-02-28)
売り上げランキング: 1405

ラヴェル:ピアノ協奏曲
ユンディ・リ
UNIVERSAL CLASSICS(P)(M) (2007-08-29)
売り上げランキング: 3003

ラヴェル:ピアノ協奏曲
フランソワ(サンソン)
EMIミュージック・ジャパン (2004-12-08)
売り上げランキング: 74619

ラベル:つぶやき
posted by xmayumix at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック