2010年12月08日

ただいま練習中@2010Dec

 師走になりました。
 なんか、妙に忙しいんですけど。
 ゆえに、落ち着いて練習できない日が続いていて、軽くフラストレーション。
 でも、年があけても、春になってもずーーーっと忙しいのが続く予定なんだよね。
 やれやれ…。

 で、ただいまの練習曲。
 *モシェコフスキー「15の練習曲」2番
 *バッハ「イギリス組曲 4番」アルマンド、クーラント、サラバンド&メヌエットとジグ
 *スクリャービン「ポロネーズ」
 *三善晃「りっちゃんの飛行機」「左手は海、右手は波」
 *平吉毅州「きたぐにのお話」

 三善晃と、平吉毅州は1月のコンクールのため。
 小学1年生と2年生が弾く曲なんだけど、このさい一度師匠のレッスンを受けるかと練習中。
 ま、問題は練習しすぎると、自分のスタイルにしてしまうところなんだよね。自分のスタイルと生徒が弾くスタイルっていうは違うものだけど、私が強すぎると無理矢理そっちに矯正してしまうところがこわい。かといって、自分だけの感覚っていうのもこわい。
 引き出しは多いことにこしたことはないのです。
 師匠も、生徒が弾くので、って言うと、それにあわせたヴァリエーションを提示してくださるのでホントありがたいのです。

 にしても、三善晃の響きはいつ聞いても素敵です。
 静謐というか、深淵というか、そういう響きがします。

 モシェコフスキーは、大きなフレーズでとることを意識して練習してるんですけどねぇ。上手くいかない。
 ま、回数こなすしかない、よね。

 バッハは相変わらずちんたらやってます。
 メヌエットとジグは片手だけ。
 次のレッスンでは見ていただく予定じゃないんだけどね。
 前のプレリュードが延々と片手やってたおかげですんなり行ったのに、アルマンド他は片手をろくにやらずにあわせたのが今のテイタラクの原因じゃないかと思うわけだ。

 スクリャービンは、ひたすらテンポアップにはげんでます。
 むごいぐらい音が外れるww
 まいったなぁ。
 でもって、早くなると力がはいるらしくて、腕が痛くなる。これはゆゆしき問題なのです。

三善晃の世界・ピアノ協奏曲
三善晃
インディペンデントレーベル (2007-09-05)
売り上げランキング: 118692

ラベル:練習
posted by xmayumix at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック