2013年02月24日

暗譜


 風邪は、一応治った。
 まだ、痰がでるんだけどね。
 が、次は、花粉症だぁ。
 っても、ずっと漢方と抗アレルギー薬を飲んでるので、鼻水がPTOをわきまえず出るのと、くしゃみが盛大にでるだけなので、ましなんだけどね。

 なんで、ようやく通常運転に戻る。
 って、レッスン、明々後日じゃないですかぁ。どーするんだよww

 ともあれ、とりあえず「左手のためのノクターン」を暗譜中。
 師匠んとこのホームコンサートで弾く予定なんだけど、そもそも日時がさっぱりわかってない。何月かってところからすでにあやしい。いや、そもそも実際あるかどうか、ってレベルの話なんだよね。
 ついでに、師匠んちで皆で穏やかにやる会なので、暗譜率がとっても低い。
 
 故に、ま、あんまがんばらなくてもいいじゃんって、ささやく悪魔がいますが、ここはソイツをスルーする。生徒の発表会の講師演奏で弾くっていう大前提があるから、ここで暗譜して、一回人前で弾いておかないと、とても建設的に考えてるのだ。発表会は、裏でばたばたやって生徒の演奏に胃をきゅうっとさせてってしてると、自分が弾くぞって集中できる状態じゃないのだ。つーのを、ようやく自覚<おそいww
 
 で、一応覚えた。
 ゆっくりなのがありがたい。
 
 で、ついでにソナタも覚えるか、ってノリになった。
 こっちは、弾けるときは弾けるけど、弾けない時は弾けないって感じ。
 
 ともあれこんなことをやってて気づいた。
 あれ、私暗譜の仕方を忘れてたんじゃね?って。
 上手くいえないけど、今の覚え方は学生の頃やってた感じ。が、ここ2.3年暗譜した曲ってこんな感じでやってなかった。

 …生徒で、弾けてくるとすぐ楽譜から目を落とす子がいて、「そ、だよなぁ。弾けてるのに無理に見てる必要もないよな」って思ったわけだ。いや、楽譜をちゃんと読めてない場合は「楽譜みろ」ってうるさく言うんですけどね。
 そういや、子供の頃ってこの子みたいな覚え方してたなって、ふいに思い出してきて…。

 曲も延々と弾き続けて行けば、着地するべきところにちゃんとその形となって行けるように、練習とか暗譜とかそーいうことも、やり続けることで辿り着くところがちゃんとあるってことなんだろう。

 …にしても音を、ド、とか、ソ、とかって考えてて、#ドでも「ド」なんだよね。単に音として「シャープド」っていうのが長すぎるからなんだろうけど、だから覚えるのが遅いんじゃないかと思う今日この頃。
 ドイツ音名で、考えるくせをつけるともうちょっと楽になるんじゃないだろうかと…。
 まぁ、大学生の時はレッスンも授業もドイツ音名がデフォだったけど、その頃暗譜するのにドイツ音名で考えていたかといえば、全くそうではないので多分無茶すぎるんだろうけどね。







ラベル:雑記
posted by xmayumix at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック