2013年02月27日

レッスン@2月


 ま、だいぶあったかくなったけど、やっぱり底冷えする感じで、鍵盤が冷たいのにいらっとするのである。
 と、風邪がぶりかえしてきて…。
 いや、前みたいにしんどいなぁって感じはなくて、単に痰がやたらでるだけなんだけどね。うーん、噂のPM2,5かなんかのせいなんでしょうかねぇ。
 
 レッスン前に、お話して…。
 師匠の秘蔵っ子が音大に受かったそうな。めでたい。
 そのお話の延長で、楽譜を持たせるならってお聞きする。いや、発表会&コンクールでベートーヴェンソナタをって思ってる子がいて、2曲するならソナタ集を買ってもらったんでいいじゃん。が、ヘンレ版は高いしなぁ、でもってその子がもし音大にいっちゃうようなことになった時に、私の恥ずかしい書き込みを音大の先生に見られることになるのはどうよって、迷っていたのだ。
 あ、私は中学生の時にかった全音をまだ使ってます。
 大学の時の先生も師匠も、楽譜(だけじゃないけど、他のいろんなことに関しても)こだわりがないので「ヘンレ板を買いなさい」って言われなくて、そのままになっているのだ。
 ま、あれももう崩壊しそうな感じなってるので、生徒に持たせると一緒に私の買って、どっちにしろ勉強しなおさないとコンクールにもっていけるようにはできないし、って思うのである。
 で、師匠は「それだったらヘンレ版買ったほうがいいわ」と一言。
 まぁ、いまだに結構なお値段だけど、それでも円高とかで安くなってるはずだしね。

 *モシェコフスキー 「15の練習曲」14番
 *バッハ 「イギリス組曲 第2番」ジーグ
 *スクリャービン 「左手のための夜想曲 OP9−2」
 *スクリャービン 「ソナタ第3番」第1楽章

 モシェコフスキー。
 前のレッスンで、メロディを出す。もっと早くって言われて、とにかく早く弾くようにしたら、3,4,5の音が全然でてなくて、そこを出さなくて何の練習?って感じダメだしされた。
 へこむww
 つーことで、またゆっくり練習に戻りますよ。
 師匠いわく「こうやって広げて音を出すようにしていったら、ちゃんとできるようになるから。でも無理はしないでね、腱鞘炎になるから」って笑ってた。
 にしても、師匠は小柄で私より背が低い。手も、私と同じぐらいの大きさなのだ。
 が、ふいに手をがーーーっと広げて和音弾かれたら、10度広げて中の音もしっかり出てた。
 わあああ。
 そりゃ、「まだ広がってない。もっと広がる」って言われるはずだよ。
 反省いたしました。
 …一応、コンスタンスに10度が届くようにはなってきたんだけど(以前は、届く日と届かない日があった)いっぺんに届くんじゃなくて1を置いてうんしょって5を伸ばしてってしてやっと届いてる10度で、中の音を弾くなんて全くできない。
 ううう。師匠、がんばりますよ。

 バッハ。
 合格。いえい。
 もっとも、拍子の頭を意識してって、延々と言われる。
 やっぱ、ジーグは苦手だ。
 そんでも、楽譜にまるをつけてくれたので、よかったんだろう。(師匠は「まぁいいわ」か「次もね」ぐらいで合否がちょっと曖昧なのだ。あまつさえまるをつけるなんて、めったにない。が、すごーーーく弾けるとまるをつけてくれるので、よーするに以前の私はまるに値する弾き方ができてなかったってことなんだろう<汗)
 ってことで、イギリス組曲も6番を残すだけになりました。
 …プレリュード、長過ぎだよぉ…しくしく。

 左手のためのノクターン。
 師匠宅でのホームコンサートの日がようやくきまったそうな。4月の中頃ってことなので余裕はある。が、余裕がありすぎて、それはそれで怖い。
 で、暗譜で弾いて、途中でワープしかける。
 ま、そんでも最後までちゃんといけたけどね。師匠もとてもよくなったと言って下さった。いえい。
 が、カデンツつかアドリブのところが…。
 いや、あそこがものすごく格好悪い自覚はあるんですよ。
 なんで、その辺をあーだこーだと直す。
 
 ホームコンサートは、参加することに意義がある、的な感じで弾くネタがない人は連弾でもOKで、とにかく一杯参加してほしいって、師匠おっしゃってました。
 が、「でも、あなたは暗譜でね」と、しっかり釘をさされた。
 うえん<苦笑

 ソナタ。
 左手のリズムを延々と。
 全体を通してはいってくるのが、どーしても甘くなってくるんだよね。
 うむ。
 曲に溺れちゃだめってことなんだろうな。
 と、静かになって歌わせるところの音色を…。
 指をつくようにはっきり弾くけど、ずどんっていくのはダメ。で、手首を落とすとずどんってなるって。
 なんか、そのあたりはでこぼこしてるそうな。
 
 …師匠「これもホームコンサートで弾くの?」って…。
 やめてぇ。間に合いませんよ。暗譜しないってなれば別かもしれないけど、暗譜して人前で弾く、ってことが私の何よりも一番の優先課題だもの。

 と、師匠にレッスン月2にすることは可能ですかと、お聞きする。
 無問題なんだそうで…。
 あとは、私の決意とお財布の問題かぁ。
 うーーーん。





ラベル:レッスン
posted by xmayumix at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック