2013年03月29日

グレード、講習会


 師匠による、グレードの講習会でした。
 で、レッシュホルンを弾いた。
  
 なんか寒くて指が動かなくて…。
 この曲、いきなり弾く、その1回きりで評価されるって、きつすぎるよなぁって思う。

 ともあれ、今年の曲は、やたら指がきっちりしてないとできないものばっかりなのだ。
 なので、必然的に指をどうもっていくか、というか、主に1と5をどうするかってことばっかりだった。
 電子ピアノの子が圧倒的に多くなってきてるのに、この状況ってキツいなって思いますよ。
 やれやれ。

 と、なんなんだろう。
 弾くことを楽しんでないなって、感じになるのってどういうことなんだろう。
 まぁ、講習会で弾かされて楽しくはないだろうけど、でも曲がもっている性格というか、トーンみたいなのは絶対あって、それを感じないで弾くことって違うだろう。
 …4月から引き継ぐ生徒さんがいて、その弾き継ぎにいったときに、同じようなことを思ったんだけど…。
 若い子共通のことなのかな?

 とりあえず、自分の生徒にはああいう弾き方するようにはなっていただきたくないなって、ちょこっと思った。

 なにはともあれ、大事なのは第3関節の自立というか、支えだな。
 がんばろっと。

 …お店から楽譜きたよって連絡きて、終わってから引き取った。
 解説みたら、モシュコフスキー、指の拡張と手首の柔軟性のための、云々とありましたよ。
 やっぱ、15がおわったら、16するっきゃないみたい。
 うん、私に一番必要なことだ。

 
モシュコフスキー 16の技術練習曲 (ピアノライブラリー)

全音楽譜出版社
売り上げランキング: 1,012,901



ラベル:研修会
posted by xmayumix at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。