2013年05月06日

ただいま練習中@may その1


 GWなのでがんがんに練習できるかと思ってたら、前半は疲労が蓄積してたみたいで、んん、って感じ。
 途中で、島のオジんちにいって、ひたすら食べて飲んで寝た。オジんちはピアノもPCもなくて…。つか、その両方がないととんでもなく怠惰な自分を再確認して、絶望。
 ま、でもこういう風に強制的にピアノから離れる日っていうのは、結構大事なんだよね。

 ってことで、次のレッスンは8日で、やっぱり絶望的なのである。
 *モシュコフスキー 「16の技術練習曲OP97」1番
 *バッハ 「イギリス組曲 第6番」アルマンド、クーラント
 *スクリャービン 「左手のための夜想曲 OP9−2」
 *スクリャービン 「ソナタ第3番」第1楽章

 なにはともあれ、ソナタの暗譜にとりかかっているわけだが…。
 今更ながら、音が怪しいところはどーやっても覚えられない。つか、ぼろぼろ落ちるところイコール音がわかってない、んだよね。でもって、9度のところをかなりいい加減に弾いてることが、判明。
 そりゃ、覚えられないはずだ。 
 まぁ、そんでもなんとなく、ぼんやりは覚えたので、8月までには間に合うだろう。
 うん。
 
 左手のための夜想曲。
 ひとまず覚えたし、ひとまず仕上げたので、なんかちょっと適当になってきてて危険。
 でも、弾くと入り込んでしまって疲れるし、集中力が途切れてしまうので、毎度ゲシュタルト崩壊をおこすまえにきりあげてしまってるので、ヤバイんじゃね?って思うのである。
 うん、最後の方のカデンツのところ、結構ぽろぽろしてるし。
 ああ、真ん中のカデンツは指の拡張トレーニングをしてから弾くと、スムーズにいくのに気づいた。
 よーするに、3−5が広がってないんだよね。

 3で思い出したが、左手の3の第2関節が痛いんですよ。
 って、別に練習のせいじゃなくて、以前にダーリンに指をぎゅっとされて、それ以来痛い。指を、ぐっと小さく曲げると痛い。でもって、なかなか治らない。別に弾くのに支障があるってことじゃないので、ほぼ放置してるんだけど、まずいかな。つか、あまりにも治らないので、「もしかして、折れてる?」って思い始めた今日この頃。
 関節の痛いところが、ちょっと膨れてる感じもするんだけど…。
 とりあえず、毎晩湿布はってるんですけどね。…効いてる気は全くしないww

 モシュコフスキー。
 相変わらず音がわからん!!
 こんなのモシュコフスキーの音じゃないやい、と訴えたいぐらいだ。
 まぁ、そんでもなんとなく弾いてるんだけど、ちーーーっともテンポがあがらんのですけど。
 まいったな。
 よーするに、私の体が、指が、すぐ力が入った状態になるから動かないんだよね。
 って、頭ではわかってるんだけど。
 やれやれ。

 バッハ。
 装飾音符に四苦八苦。
 師匠に、ダメだしされる言葉がすでに頭の中をぐーるぐーるしてるよ。
 やれやれ。

 一体、いつになったら終わるんだろうなぁ。






 
タグ:練習
posted by xmayumix at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/359241475

この記事へのトラックバック