2013年06月11日

ただいま練習中@2013 jun その1


 旦那は1週間で退院しました。が、結局それに振り回されてその週は、ほぼまるっと練習できず。やっと落ちついたかと思ったら、今度はピアノ調子が悪い。(調律師さんの都合がつかなくて、17日にならないと調律できない)
 ついでに、仕事のあーだこーだでへこむことが多発。
 ホント、やれやれって感じなのだ。

 *モシュコフスキー 「16の技術練習曲OP97」2番
 *バッハ 「イギリス組曲 第6番」ガボット、ジーグ
 *スクリャービン 「左手のための夜想曲 OP9−2」
 *スクリャービン 「ソナタ第3番」第1楽章


 モシュコフスキーは、とりあえず3拍子を意識してってやってるんだけど、なんせテンポが上がらない。つか、やってもやっても音に違和感があるんですけど。
 うん、15の練習曲に比べて、音がシンプルすぎてむしろそれが居心地わるんですけど。
 20の練習曲と、15の練習曲は、同じベクトル上にあったって感じなんだけどなぁ。
 一体、どーしたモシュコフスキーww

 バッハ。
 ガボットもジーグも、苦手なのだ。
 でもって、いかにも厄介な感じの曲で…。
 仕方ないので、ひたすらゆっくりメトロノームかけて練習。
 しかしながら、本の崩壊が本格化してきてまじでさっさと終わらないとやばそうな感じ。
 うーん。

 ノクターン。
 前半のカデンツは、ちょっとましになってきたんだけどな。後半は相変わらずひどい。
 とはいえ、カデンツで右手のもっていきかた(弾いてないから膝に置いてはじめるけど、カデンツでは椅子のへりもって体をささえてる)とか、左足の支えが適当だと弾けないってわかってきた。つか、その置き方で結構変ってくるので、結局は体のバランスの問題なんだろうと…。

 ソナタ。
 一応暗譜したのに、またぼろぼろ落ちる状態になってきたよ。
 暗譜したっぽいからこそ、余計なこと考えてそれゆえに落ちるってわかってるんだけどな。
 余計なことを考えてても、よどみなく弾けるってところにもっていかんといけないんだろうと、頭はわかってるけど、そこにいくのはとーーーっても大変なのだ。

 明日、レッスンなんだけど、こんな調子で見ていただくのって心苦しいです、師匠。
 ああああ。





タグ:練習
posted by xmayumix at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365979886

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。