2013年06月23日

ただいま練習中@2013 jun その2


 やーーーっと調律ができて、一安心。
 が、ダメージをくらうことがちょっと続いて、グロッキー。
 一進一退とはこのことかww
 やあね。

 *モシュコフスキー 「16の技術練習曲OP97」3番
 *バッハ 「イギリス組曲 第6番」ガボット、ジーグ
 *スクリャービン 「左手のための夜想曲 OP9−2」
 *スクリャービン 「ソナタ第3番」第1楽章

 モシュコフスキーの3番は、左の4,5のトリルの練習。
 なんで、こないだ師匠に言われた手首を下げて音をそろえるっていうのをやり続けるのにタイミングよくって…。
 なんか、全然難しい曲じゃないんだけど、弾けないんですけどね。なぜ?

 バッハ
 いまだに、弾けないですわ。
 も、こればっかりは数弾いて体になじませるしかないんだろうな、ってわかってるんだけど、心が折れそうになるのだ。
 ああああ。
 でもって、あまりに弾けないっぷりに、弾いてると激しく眠気が襲ってくるのである。
 …子供か…。

 ノクターン。
 カデンツの収まりをあーだこーだとやってる。で、師匠が言われた感じにもっていくのはなんかわかった。が、それをすると音が拾えないんですけど。あああ。
 仕方ないので、延々とゆっくり弾いて、それから実際の感じで弾くっていうのをやってる。それをやってる間、腰をねじってる感じになるので(腕が短いので、ねじらないと高音部に届かない)無駄に体力を使ってる気がするよ。
 やれやれ。

 ソナタ。
 暗譜を完全にするべくがんばってますが…。
 ちょいちょい、わああああ、って落ちる。
 自分のアホさにあきれてる。
 なんか、わかってきた気がする日もあれば、全然だめな日もあって、結構めいってます。
 もっとも、この曲がアッパーな曲かというとむしろ、ダウナーな曲だから仕方ないよって思ったりするんだけどねww

 

 
タグ:練習
posted by xmayumix at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367316179

この記事へのトラックバック