2013年07月14日

ただいま練習中@2013 jul その1


 講師演奏&師匠んところの発表会が、だんだん迫ってきて焦るのである。
 でもって、逃避行動ww
 ドレスかったよぉ。
 今年も安いやつ<をい
 これ
 毎度思うんだが、脳内イメージの自分って結構背が高いんだよね。で、いやいや、違うだろう。お前チビだし、って天の声がしてたのに、これ買っちゃった。あああ。
 ま、他のとちょっと雰囲気違うのがよかったしなぁ。
 とはえい、ベアトップはやばい。透明ストラップをゲットせねばww

 *モシュコフスキー 「16の技術練習曲OP97」4番
 *バッハ 「イギリス組曲 第6番」ジーグ
 *スクリャービン 「左手のための夜想曲 OP9−2」
 *スクリャービン 「ソナタ第3番」第1楽章

 モシュコフスキーとバッハ、一応練習してるけど、いまいち気がはいってないんだよね。
 仕方ないか。
 でもって、どちらかといえばバッハをかんばってて…。
 さくっと合格して次にいきたいのである。

 で、師匠に相談してたら「平均律がいいんじゃない」っておっしゃってたので、ヘンレ版を購入。たまったポイントおかげで、安くゲットできましたよ。いえい。
 ついでに、一番安いやつ買った。
 つまり、全く指番号がないやつ。

 シフが、指番号をいれたのがメインになってるぽいんだけど、どのみちシフは男性で故に「それは無理でしょ」ってなってるんだろなと思い、崩壊しかけているウィーン原典版があるんだから、いざとなったらあれを見ればいいさ、と開き直って安いのかったのである。

 ともあれ、両方とのメトロノームいれて地味にやってますよ。
 
 ノクターン。
 調子よすぎて、キモイww
 ミスタッチしたり、あれ、ってなってりしないってことはないんだけど、それでもきっちりきめられる。
 音は、純粋に音として存在してる、って感じになってきた。
 
 ま、いいんだよ、こっちは今が絶好調で。

 ソナタ。
 こいつも絶好調なんだが…。
 だめーーー! 今絶好調だと、本番までに絶対がくってくる。で、その時間によっちゃ、復元できないまま本番ってことになる可能性が…。 
 こわいよぉ。
 
 ま、一応ぐだぐだになった時の対処法は知ってるんだけどね。
 だからって、上手く乗り越えられるわけではないってところが、切ない…。







ラベル:練習
posted by xmayumix at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック