2013年08月19日

ただいま練習中@2013 aug その2


 18日、師匠のところの発表会で…。
 またやらかしてしまった。

 も、どーなってるんだろうね、私。
 今回、ずーーーっと安定しててぼろっと抜けるとか落ちるとかって、なかったのにな。どの部分からでも出られるぐらいになってたし、鍵盤が指を迎えにくるよ、っていうのに近い感覚さえあったのに。
 どーして??
 って、聞きたいけど、結局は自分自身の問題なんだよな。って、そこで理解してしまう、納得してしまうのがダメなのかもしれん。
 今回は、別に音が違って聞こえるとか、鍵盤が歪んで見えるとか、手が異様に冷たいとかって、いうのはなかったのであがってたわけじゃないと思う。うん、メンタルが弱いってだけじゃ、やっぱりないんだろう。
 でもって、も、次からは暗譜じゃなくて見て弾きます、ってすれば自分がラクなのわかってるのに、それは「逃げる」ことだからダメ、って自分で自分を追い詰めてしまう、こまったドM体質なのである。
 うん、いつかはこのトンネルを抜ける。抜けるはずだ。って信じるしかないよなぁ。

 ってことで、反省を踏まえて地味に練習。
 *モシュコフスキー 「16の技術練習曲OP97」4番
 *バッハ 「イギリス組曲 第6番」ジーグ
 *スクリャービン 「即興曲OP14-2」
 *ベートーヴェン 「ソナタ5番 第3楽章」

 ベートーヴェンは、生徒のコンクール用。
 そうなんだよねぇ。コンクールの曲を選ばないといけなくて、頭がいたい。
 時間制限だけで自由曲っていうのは、ホント、どうすりゃいいんだって感じ。
 好みだけで選んでいくと、邦人作品ばっかりなってしまう自分を認識してるので、自重。
 ああでも…。

 モシュコフスキー。
 意外と覚えていてびっくり。
 手首を使うとか、5に重さをもっていくとかって出来てる気がする。が、テンポがあがらないけどね。
 やれやれ。

 そして、やっぱりテンポがあがならい、バッハ。
 あああああ。
 これも、意外と覚えていて驚いた。
 二つともまるっと1カ月ぐらい弾いてなかったのにね。
 ま、大人だから覚えるのは時間かかるけど、そう簡単に忘れませんよ、ってだけかww

 スクリャービン、即興曲OP14-2
 さて、来年に向けて何をするかとまぁ探してて…。
 長さ的にもこれがよいかなと。
 が、地味な割に(メロディーはめっちゃ綺麗ですが)最後の最後でやたら難しいんですけど。
 あと、リズムが…。
 もっとも、師匠にお伺いたてないと本当にこれでいいのか微妙なんですけどね。
 っても、師匠は多分「だめ」っては言わないんだろうな。あああ、でも師匠、私のテクニックじゃ弾けないって曲はそう言ってくれた方が…。
 あああ、練習すりゃできない曲はない、ってお考えなんですよね。
 …ま、そりゃそうなのかもしれないけど…。

 で、あと、何をするか思案中。
 今回のヘタレにいらっとするので、ソナタ3番の終楽章かなと思いつつ、2番か、4番でも、って長さが…。(この場合、演奏時間ではなくて、ページ数の問題ですww)
 
 にしても、度重なる失敗にそろそろ師匠から「あなた、スクリャービン、向いてないわよ」って言われそうで怖い。







タグ:練習
posted by xmayumix at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372446518

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。