2014年07月28日

恐怖と本番


 日曜日、本番でした。
 
 とにかく前の弾きあい会で暗譜がとんだことを猛反省して、片手覚えて、階名を口でいって、歌いながら弾いて、一小節おきに覚えて、楽譜なくても楽譜を見てるつもりで弾いて、と、まあ思いつく限りのことはやった。ああ、目をつぶって弾くっていうのもやった。もっとも、これは相当危うかったけど。

 で、わかった。
 怖いのは、むしろ練習したからなんだと。
 学生の頃は「もうこれ以上は弾けない」ってぐらい練習すれば大丈夫なんて思ってた。なのに、この数年の散々の演奏に、ようやくそれだけじゃないのかもと気づいたわけだ。
 うん。積み重ねたものが大きいからこそ怖くなる。
 だから、怖いのは当たり前のことで、むしろ誇っていいことなんだと。

 で、本番。
 とはいえ、メインは生徒の発表会なので、2時間以上ずっと立ちっぱなしで、生徒を励ましたりなだめたりしていた。まぁ、これが自分の演奏に集中できない要因でもあるんだけど、こればっかりは仕方ない。
 なんで、来年は速攻で集中できるなんぞを覚えないとね、って思った。
 
 今回はお辞儀も練習したよww
 まぁ、生徒に「ゆっくりさがて、ゆっくりあげる。上げたときはちゃんと前を見る」って言ってる手前、自分がやらないでどうするよって感じなんだけど、さらに意識してもっとしっかり前というか、客席の上のほうまで見た。
 ピアノの前に座ったら、ちょこっと鍵盤が歪んでるような…。
 やばい。あがってるじゃん。と、昔あがりすぎて完全に湾曲して見えたのを思い出したりする。

 …スキマスイッチ、ありがとうww

 いや、スキマスイッチの曲で「深呼吸を二回して、心を着地させていく」って歌詞の歌があるのだ。
 「緊張をなで回して、なんとか集中力を飼い慣らせ」とかあって、ここ2,3日歌詞を呪文のように思っていた。

 そのおかげなのか、普通にはいれた。で、メロディーをずっと小さく歌いながら弾いた。
 まぁ、厳しくいえばタッチコントロールが甘いところとか、ちょっと暴走気味になったところとかがあるけど、これはもう<完璧>と言っていいと思う。
 うん。自分で<完璧>なんていっちゃうのは烏滸がましいと思うし、甘いとも思うけど、でも、あえて言いたい。
 
 終わって、いただいた拍手はなんか今までよりも暖かく聞こえたし、お花をいただいて、その際に再度いただいた拍手はさらに暖かかった。

 袖に引っこんだら、涙が出たよ。
 「費やした日々と涙は嘘をつかないし嘘はない」
 うん。この数年、とにかく苦しかった。でも、それがあったからこその今なんだと思う。

 よくがんばりました自分。
 次は、8月の師匠のところの発表会だ。





ラベル:Days
posted by xmayumix at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。