2015年02月12日

レッスン@Feb-1 2015

 
 数日前とはうってかわって、暖かい朝。
 暖かいと体調もよくなるので、ありがたい。
 
 が、師匠宅で師匠にお会いして驚愕。
 師匠、そのお顔は、その手は…!!

 旅行いかれてて、こけちゃったんだって。
 で、左の小指骨折して、顔の左半分が青黒くなっていた。
 「もう若くないって思った」って師匠笑ってらしたけど…。うむ。確かに。年取るって、こけたぐらいで大けがになってしまう、とっさに受け身とかショック体勢とかがとれなくなるってことなんだなと、実感。
 やっぱ、ストレッチを真面目にやらんといかんと、思ったのであった。

 見ていただいたのは、
 *クーラウ 「ソナチネ 2巻」5番第一楽章 OP55-5
 *バッハ「インヴェンション」9番
 *バッハ「平均律1巻7番」フーガ
 *モシュコフスキー「16の技術練習曲OP97」13番
 *スクリャービン 「エチュード OP49-5」

 「焔に向かって」は今回お休み。
 前回のレッスンで、ホームコンサートは3月って話なったので、これはエチュードに集中しなきゃ仕上がらないって焦ったので。まあその割には、色々もっていてますがww

 クーラウ。
 毎度リズムが悪いって言われるので、鬼のようにメトロノームかけていったら今度は拍をとりすぎて流れがないって。
 バランス難しいなぁ。
 あと、音色の変化とかを指摘される。
 うむ。でも、なんか「ソナタ形式」という<形式美>を思い出してきた気がする。

 インベンション。
 前回左手の練習と、リズムの取り方が甘かったのを猛反省して、片手がんばる。
 ま、師匠曰く「左が右ほどうたえてない」だって。ああああ。
 あと、トリルはいると崩れるのが…。「意識しすぎ」だって。うむ。チキンな性格が災いしてるのだろうか?
 ともあれ、すんなり合格。
 やっぱ、インベンションは苦手なのとそうじゃないのとの差が激しいです。でもって、それって中学の頃から変わってない…。成長ないな、私。

 平均律。
 16分音符を滑らかに、8分音符は均等に軽く、のびている音は響かせて、とその弾きわけがもっとできるといいのにね。といわれつつ、一応合格。
 
 モシュコフスキー
 音拾っただけの状態で、見ていただくのはどうかと思いつつ、まぁここで別のベクトルになってると修正がたいへんなので見ていただく。
 で、指の重さをおいて弾くっていうのを延々とやる。
 指の重さ、腕の重さ、肩の重さすべてを一つ一つ置いていく…ってすごい難しいんですけど。
 ようするに、脱力なんだよね。
 それができたら、きれいな音で早く弾けるって言われるんですど、先は長いねww
 
 スクリャービン。
 で、ホームコンサートが…。
 まだ日が決まってなかったよぉ<落涙
 で、あと3月のだめな日を申告して…。29日になりそうな感じです。って、あとひと月半ってやばすぎる。
 テンポが全然でてないんですけどね。で、ここでも指と腕の重さをおいて弾くっていうのをやる。
 あと、左の1が痛いのをいうと、指使いを直していただく。
 うむ。痛いのは無理してる証拠なんだよね。で、無理はたいてい指使いでなんとかなるもんだ。
 ともあれ、体の声をちゃんと聴かないとね。

 さ、次もがんばりましょう。





タグ:レッスン
posted by xmayumix at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413919642

この記事へのトラックバック