2018年11月25日

浜松国際ピアノコンクール2018 その2


 終わりましたね。

 ジャン君が!!
 いやあ、1次2次とすすむにつれ、ジャンくんのチャーミグさに、ほれぼれしていたら3次の四重奏でやられました。
 ホント、かわいい。
 素直。純粋。
 そういう言葉が似合う。

 で、ファイナル。
 
 …順番で得したっていう部分は全く否定できないけどね。
 でも、よかった。
 
 おめでとう!!

 2位の…。
 ファイナルの冒頭部分で、こりゃもっていったな、って正直思った。
 つか、1次はちょっと硬いね、って思ったけど、2次3次と頭一つ抜き出ていると思った。

 が、なんか腹黒いんだよね。
 って表現がよくないですが、こなれた感がいやな感じに聞こえてた。
 うーん。
 本当はあんまりピアノ好きじゃないんですか? みたいに。
 これだけ、テクニックは完璧に弾けるんだから問題ないでしょ、って感じに聞こえてしまうんだよね。

 だから、ジャン君とは対極。
 ジャン君は、ピアノが好き、音楽が好き、人生が好き、って感じがびしびしくる。
 トルコ生まれだそうだけど、フランス育ちかフランスで勉強してるんじゃないかな。なんかジャケット&シャツも微妙にお洒落だしね。で、花火のようなヴィを慈しんで楽しんでるって感じがする。

 ともあれ、中村紘子氏曰く「コンクールは次のスターを生み出すためのもの」なので、すでにスターである牛田くんより、これからのスターになるジャン君でよかったんじゃないかな。


 ネット配信のおかげで、楽しめました。
 つか、まだ見逃してる演奏が多々あるので、しばらく楽しめます。
 いい世の中になったもんだ。

 
posted by xmayumix at 17:02| Comment(0) | monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: