2019年08月17日

後ろ足で


 まぁ、いうてもなんだかんだと長くやっているので、色々ある。
 後ろ足で砂かけられるようなことも…。

 最近、あったので、へこんでます。
 
 ついでに、過去の色々を思い出して、さらにへこむ。
 へこみの悪循環。
 
 やれやれ。

 が、しかし、ないわあって思い出したのは、最近のを含めて3件だったので、あれ、これってたいしたことないんじゃない、って思えてきた。
 つか、ちゃんと対処して、割り切って、立ち直ってるってことなんじゃない。
 
 私、えらいww

 過去の色々…。
 まあ、その他にも色々あったお家なんだけど、極寒の時に全く暖房いれてくれなかった。(家にいってのレッスンだった)
 しかも、姉弟で教えていたからね。もう、終わった時には口が寒さでがくがくいうぐらい寒かった。で、一回子供がはだしだったのもあって、「寒くないんですか?」ってお母さんに言ったの。そしたら、母親「さっきまで炬燵でぬくもっていたから大丈夫」って言ったよ。
 なんつーか、私はサイボーグだと思っていたのかな。
 あ、そこ、ものすごい暴風雨の日にいったけど、何も言われなかったよ。(かなり昔なので台風で休むっていうのがないし、そもそも携帯がないので連絡のしようもなかった) そのあとにいったお家では「こんな嵐の中、すみません。大丈夫でしたか」ってめっちゃねぎらわれた。
 って、そういう言葉がでるのが普通だよね。
 相手が人間だと思っていたら。

 で、ま、そこも色々あったけど、最後のレッスンの時、子供ががーーっと教室に入ってきたけど、手ぶらだった。
 教室の入り口から、親が私を呼ぶ。
 教室は、いわゆるコの字型なので、入り口から呼ばれると私がそこにいかないといけない。
 で、今日は挨拶に来ただけ、レッスンはしなくてもいい、って。
 だったら、親も教室にはいってきて、挨拶しないか。
 もしくは、子供を教室に駆け込ましたりしないで、入り口に一緒に並んで挨拶しないか。
 
 そこも、今回のも、コンクールとか発表会とかで、補講した。
 それにたいして、当たり前、って感じなんだよね。
 補講を休んで、どこそこに行った、とかっていうのだけど…。
 私の感覚だと、せめてお土産もっていくよ。

 そーいうのも、一切なかった。

 結局、氏より育ちみたいな、感じなのかな。
 義母さんが私に「しつけができている」というのだけど、(それはそれで犬かよ、ってむきっとするのだけど)人として礼儀とか、礼節とか、矜持とか、そういうのがちゃんとしてるかどうかって大きいなと思う。
 まぁ、多分、ちゃんとしてなくても生きているのには大差ないんだろうけどね。

 でも、美しさは違うよ。
 人生を美しく生きるには、礼儀とか礼節とか矜持とかが、多分必要なんだと思う。

 つーのがこの年になってきて見えてきたので、やっぱ、年食うのは意味があるんだろう。

 
posted by xmayumix at 21:19| Comment(0) | monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: