2015年04月27日

ホームコンサート2015

 師匠宅で、ホームコンサートでした。
 
 12人弾いて、私、ラス前だった…。
 師匠!<落涙
 
 つか、いきなりでは弾けない指回らない、なので、朝家を出るまでにせっせと練習。
 こないだのレッスンで師匠にいわれたことも割とちゃんと直した、つもり。でもって、一応形に仕上げたつもりだった。
 が、<降りてこない>って感覚はいなめなかった。

 早く家を出たつもりだったけど、車おいたところから師匠宅に歩くのにまた迷って(曲がるところを間違えて遠回りしてしまった)あせる。
 が、ついたらまだそろってなくて、ちょこっと弾かせてもらう。

 完璧だったよぉ。
 おっしゃって感じだった。

 そうこうしていたら皆集まって、始まる。
 バッハにショパンにブラームスに、皆難しいの弾いてるなぁ、すごいなぁと聞いていた。
 で、自分の番になって…。
 
 全然弾けなかったよ。
 
 も、全然音が拾えない。
 いかん、体に肩に力はいってるよ、って思うんだけど、どうにもならなかった。
 あああ。

 去年で、本番でやらかす、という悪夢から脱したと思ったんだが、甘かった。
 ラストは、音大の3年生の子でやっぱり上手かった。
 で、その子のを聞いてて、自分が息してなかったかも、とか、曲に入り込んでなかったな、とか思った。
 やっぱり、やらかす時はそれなりに理由があるもんなんだよ。うむ。

 にしても、その子の前に私を、っていうのは、師匠がある意味私をかってくれてるというか、評価してくださってるってことなんだと、素直に受け止めていいよね。むしろ受け止めるべきだよね、と思う。自分だって、発表会のプログラム組む時は、最後に弾ける子仕上げってる子をいれるもの。なんつーか、師匠の気持ちをもっと素直に受け入れることも大事なんじゃないかと、反省。

 そのあとは皆で持ち寄りパーティ。
 師匠とご主人と、音大の子はスパークリングワイン飲んでたよぉ。いいなぁ。って言ってたら師匠が「来年は車置いておいで」って。ん、去年も同じようなこと言ってた気がするが、本当に来年は車おいていく。皆、なんだかんだって美味しいものを持ってきていて、美味しいからこそお酒が欲しい! 毎年、車のせいでものすごく損した気になってしまうのだ。やれやれ。

 ともあれ、いっぱい食べていっぱいおしゃべりして、楽しかった。
 ピアノに懸命に向き合っている人たちと音楽の話をするのは、本当に楽しくて充実していた。

 あと、演奏が上手くいったら完璧だったのになぁ。


 と、本日4月27日は、スクリャービンの100年目の命日です。
 こんな春にむかっていく時期に亡くなるのって、切ないなって思う。
 ああ、でも西行法師みたいといえばそうか。うむ。

タグ:Days
posted by xmayumix at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

スランプ脱出? @発表会


 師匠ところの発表会でした。

 天気予報では雨になるっていってたのに、晴天。
 この段階で「運は私にきた」って思ったww
 いや、このホール、ずいぶん辺鄙なところにあってそれだけでもおいおい、なのに、駐車場が建物の下のほうにあってめっちゃ急な長い階段を上らないといけない。かさばる荷物をもってあの階段を、しかも傘をさしてなんてとんでもないなって思ってたのだ。
 でも、晴れた。
 私の晴れ女パワーはまだあるみたいだ。

 ま、ともあれ、時間になるまで練習する。
 しても落ち着かないけどね。でも、なにもしないより、指を動かしているほうがまし。が、結局心臓がばくばくしはじめたので、あきらめて早めに出る。
 つか、ここ2.3日夜中に目が覚めるんだよね。
 自分のチキンハートっぷりにあきれる。も、格好悪い、ってつっこみいれたいぐらいだ。
 そんなこんなで、チキンなハートをかかえて会場へ。

 行ったら、リハが押してた。
 なんでも舞台の電球が切れてたってことで、始まるのが遅くなったそうな。でもって、まだ切れてた。天井のど真ん中の電気。ピアノの前に座ったら、鍵盤が蓋のかげになって暗かった。
 でもって、本番には直ってたんだけど、今度は明るすぎて、わぁってちょっとなったよぉ。

 リハの前に、今年はリハーサル室も借りてるから好きにつかっていい、ってことだったので弾きにいってみた。
 ちゃんとグランドで蓋も全開にしてくれたので、ありがたかったんだけど、音くるってるよぉ。
 なんで、一回だけ弾いて退散。

 リハは強力に上手い親子の後、も、ほとんどプロですみたいな息子くん@大学生の後で、上手すぎてこの後弾くの恥ずかしいとかって私が思っていいレベルじゃない、次元が違うって思ったら、なんか落ち着いた。
 うん。へんなのって思うけど、なんか落ち着いた。
 で、弾く。
 上手くいってたんだけど後半でちょい、やらかす。左手がぬけたんだけど、何もなかったように戻ってきたから一小節おきの暗譜はやっぱすごいやって思った。
 
 が、しかーーーーし、このピアノも調律くるってるよぉ。
 しかも、#Dが<号泣
 メロディーの肝心なところで再々出てくる#Dだというのに。あああ。
 なので、一通り弾いてこれも退散。弾き続けるとなんか狂った音に引きずられそうだったもんで。でも、今年はリハの時間に余裕があったので、とにかく最後まで弾けたというのは大きかった。

 リハ、終わってから師匠に「よかったよ。音もきれいになってる」ってほめていただいてご満悦。

 で。本番。
 ドレスきて…。パニエをつけるかどうか悩んでたら、師匠が「つけたほうが絶対いい」っておっしゃるのでつけたよ。基本ちっこいので、ドレスの裾をちょっとでもあげるためのパニエだったが、これはこれで歩きにくかった。うん、裾であるものの量が増えたって感じだった。なんで、来年はパニエするとしても、もうちょっと工夫が必要だね。
 ステージにあがって…。
 今年は、お辞儀をきれいにっていうのをめっちゃ意識したのだ。結局、弾ける人はお辞儀から違う、ってコンクールなんぞでいっぱいみてるから、ならお辞儀がきれいにできたらうまくいくんじゃね、と本末転倒といえばそうだけど、でも大事なことだよね。
 つーことで、歩いてきてきちっと立ち止まって、それから正面にむきなおる。で、きちんとたって、それから腰からお辞儀する。頭をあげていくのも、腰から上げるのを意識して、ちゃんと正面を向く。それか方向展開して、歩き出す。って何かをしながら何かをするっていう動作を意識して排除した。
 座って、深呼吸二回して…。
 なんつーか、練習通りにいきました。
 うん、練習もいい時も悪い時もあるけど、それの中間ぐらいかな。
 途中、やばそうになったら歌った。
 7月の即興曲の時のようにずっと歌うっていうのも考えたけど、ソナタファンタジアの場合はそれをするとバランスがくるってしまうのでやめたんだけど、やばそうになるってことは集中力が切れそうになるってことで、それを無理矢理取り戻すには歌うのが一番。

 袖に戻ってきたら、師匠がグットってしてくれた。
 盛大にほめていただいた。
 7月の時ように、うるっとしたりはしなかったけど、本気でここ数年続いた巨大スランプから脱した手応えを感じた。
 
 あきらめないで、本当にあきらめないで、やり続けてよかったよ。
 
 さ、来年はついに「焔に向かって」ですよ。
 楽しみだなぁ。



タグ:Days
posted by xmayumix at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

恐怖と本番


 日曜日、本番でした。
 
 とにかく前の弾きあい会で暗譜がとんだことを猛反省して、片手覚えて、階名を口でいって、歌いながら弾いて、一小節おきに覚えて、楽譜なくても楽譜を見てるつもりで弾いて、と、まあ思いつく限りのことはやった。ああ、目をつぶって弾くっていうのもやった。もっとも、これは相当危うかったけど。

 で、わかった。
 怖いのは、むしろ練習したからなんだと。
 学生の頃は「もうこれ以上は弾けない」ってぐらい練習すれば大丈夫なんて思ってた。なのに、この数年の散々の演奏に、ようやくそれだけじゃないのかもと気づいたわけだ。
 うん。積み重ねたものが大きいからこそ怖くなる。
 だから、怖いのは当たり前のことで、むしろ誇っていいことなんだと。

 で、本番。
 とはいえ、メインは生徒の発表会なので、2時間以上ずっと立ちっぱなしで、生徒を励ましたりなだめたりしていた。まぁ、これが自分の演奏に集中できない要因でもあるんだけど、こればっかりは仕方ない。
 なんで、来年は速攻で集中できるなんぞを覚えないとね、って思った。
 
 今回はお辞儀も練習したよww
 まぁ、生徒に「ゆっくりさがて、ゆっくりあげる。上げたときはちゃんと前を見る」って言ってる手前、自分がやらないでどうするよって感じなんだけど、さらに意識してもっとしっかり前というか、客席の上のほうまで見た。
 ピアノの前に座ったら、ちょこっと鍵盤が歪んでるような…。
 やばい。あがってるじゃん。と、昔あがりすぎて完全に湾曲して見えたのを思い出したりする。

 …スキマスイッチ、ありがとうww

 いや、スキマスイッチの曲で「深呼吸を二回して、心を着地させていく」って歌詞の歌があるのだ。
 「緊張をなで回して、なんとか集中力を飼い慣らせ」とかあって、ここ2,3日歌詞を呪文のように思っていた。

 そのおかげなのか、普通にはいれた。で、メロディーをずっと小さく歌いながら弾いた。
 まぁ、厳しくいえばタッチコントロールが甘いところとか、ちょっと暴走気味になったところとかがあるけど、これはもう<完璧>と言っていいと思う。
 うん。自分で<完璧>なんていっちゃうのは烏滸がましいと思うし、甘いとも思うけど、でも、あえて言いたい。
 
 終わって、いただいた拍手はなんか今までよりも暖かく聞こえたし、お花をいただいて、その際に再度いただいた拍手はさらに暖かかった。

 袖に引っこんだら、涙が出たよ。
 「費やした日々と涙は嘘をつかないし嘘はない」
 うん。この数年、とにかく苦しかった。でも、それがあったからこその今なんだと思う。

 よくがんばりました自分。
 次は、8月の師匠のところの発表会だ。





タグ:Days
posted by xmayumix at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

弾きあい会とドレス


 11日に弾きあい会があって、即興曲を弾いたわけだ。

 暗譜がとんだよ。
 ああああ。

 今思い返しても、なにきっかけで崩れたのがわからない。
 で、2・3回やりなおしてもダメだったので、潔く楽譜見て弾いた。
 つか、譜面台に楽譜おいて最初見て弾き始めたら、あとは見てなかったよ。

 あとで、「暗譜の時と、見て弾いた時とは音が全然ちがってたよ」って言われた。
 よーするに、めっちゃびびってたらしい。
 
 うーん。
 も、わけがわからないよ。
 まぁ、自分のメンタルが滅茶苦茶弱い、ということだけは確定みたいだけどね。が、弱いから逃げるっていう選択をする方向に弱くはない。というか、ち、って思う気の強さは健在なのだ。
 面倒くさいぜ。

 師匠に「暗譜とびました」ってご報告のメールを送ったら、師匠も「あれだけ弾けてたのに、なぜ?」ってあきれてた。
 まあ、仕方なかろう。
 <仰天ニュース>でも<あんびりーばぼー>でも、トラブルは常に想像のななめ上の、ちょっとしたほころびやら穴から起きてるって言ってるものね。

 と、日にちがたったので今はちょっと冷静さを取り戻してる。
 つか、本番は27日なので、わたわたしてる場合じゃないしね。
 とりあえず、一から暗譜しなおすのだ。

 で、あまりにへこんでて、あああってなっていたころ、ドレスのサイトみたら、青いシンプルなドレスが入荷していた。
 速攻買いました。
 
 こーいうので、自分を鼓舞するのっていうのも大事だよね。
 
 で、ドレスついたんだけど、着たら結構ふくよかに見えることが判明。
 痩せなきゃ。
 がんばって8月の師匠の発表会までに、痩せる!!





タグ:Days
posted by xmayumix at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

ホームコンサート2014


 師匠宅でのホームコンサートでした。
 朝から、しっかり雨。
 テンション下がる。
 
 で、今回は2番目。
 師匠に気遣っていただいたらしい。
 が、おちた。
 うーん。
 いったいなんなんだ? こんなになるのって3か月前ぐらいの状態だよ、って。
 世の中完全はないし、なんかどこかに原因があるんだろう。にしても、毎度毎度がひどすぎる。

 座禅でも始めたほうがいいかもしれんww

 師匠には、それでも音楽的にはよかったとほめていただいたので、仕方ないなって感じ。
 すごいへこんだけど、そのあとのもちよりパーティでおいしいものいっぱい食べたので、さくっと復活したあたりが本当は駄目なのかもしれんww
 ポジティブすぎるのも問題である。

 まぁ、今日からまたがんばるさ。
 とりあえず、持っていたローストポークのリンゴソースが大人気だったので、よかったです<そこかww



タグ:Days
posted by xmayumix at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

年の暮れ


 今年も、あと13時間ぐらいですなぁ。
 年末年始だからって特になにかをするわけじゃないので、まったりやってます。 
 ま、どうせ午後から普通に練習するだけなんだろう。
 
 ってことで、今年もがんばりました。
 ただ、それが結果につながってないんだけどね。やれやれ。
 
 来年はこそ<本番で納得のいく演奏>を会得したいもんだ。
 
 とはいえ、メンタルの弱さはいかんともしがたいので…。
 幼稚園の時からの胃痛@ストレス性、持ちだから筋金が入り過ぎてるww
 が、しかし、ここ1年ぐらいはストレスが他にでなくて胃痛に集中してるっぽいので、ある意味上手くストレスを回避というか、乗りこなしてるように思ってるんだが。甘いか。
 胃痛も、M1ブロッカーのおかげで長引かずにすんでるしね。
 
 と、毎度ながらの無駄な前向きww

 そんなこんなで、ただいま練習中。
 *モシュコフスキー 「16の技術練習曲OP97」6番
 *バッハ 「平均律第1巻 第3番」プレリュード、フーガ
 *スクリャービン「ソナタファンタジア」
 *スクリャービン「エチュード OP8-2」
 *ベートーヴェン 「ソナタ14番 全楽章」

 次回のレッスンは、1月8日。
 スクリャービンのエチュードと、ベートーヴェンの2楽章以降はレッスンには間に合わないんだろうなと、すでに遠い目。
 とにもかくにも、来年もがんばりましょう。
 うん。





タグ:Days
posted by xmayumix at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

弾きあい会


 5日に、講師演奏の弾きあい会があった。
 スクリャービンの「左手のためのノクターン」を弾きますよ。

 例によって早くいって練習しようっていったら誰もいなくて…。
 いいのかなぁって思いながら練習。
 
 いや、その前にピアノの場所を変える。(小さいヤツなので、私一人でもうんしょってやったら角度を変えるぐらいはできるのだ)
 だって、そのままじゃ近過ぎるよ。怖いよww

 で、いやあ、ここ数年やっぱ緊張してたし、暗譜して人前で弾くってことの本質を忘れてたんだなって思った。
 手も冷たくならなかったし、鍵盤が歪んで見えることもなかった。
 ミスタッチはちょいちょいあったけど、それに動じることなく最後まできっちり弾ききったからな。

 積み重ねた経験がちゃんと形になってきたのかもしれない。
 うん。
 がんばった私。

 とはいえ、私は最高に調子のいい時の自分を知っている。
 もう自分が指をコントロールしてるとかそういう次元のことじゃなくて、むしろ鍵盤が指を迎え入れてくれるようなあの感覚を知っている。
 まだ、そこの域には達してないけど、目指すべき頂上の方向は知ってる。
 
 …生徒でなかなか覚えられない子が「暗譜じゃなくていいですか」と親経由でいってきた。
 覚えてないわけじゃない。覚え切れてないだけなんだけど、ま、本人にすれば不安だろうな。でも話聞いてたら、その方法できっちり暗譜できるわけないじゃないか、ってことだったので、まずはきちんとした方法できっちり覚えてくるように言った。
 あの頂上は、やっぱ暗譜じゃないと見えないと思うんだけどね。
 つか、あの頂上から見える景色を見せてあげたいと、私は思ってるんだけどね。

 と、いいつつ、ソナタの方は一向に暗譜しきれないんですけど。
 やれやれだよぉ。


タグ:Days
posted by xmayumix at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

レッスン@4月 その2


 相変わらず寒暖の差が激しくて、どーしても寒い方にあわせてしまうのである。
 なんか、すっごい疲れるんですけど。
 でもって、雨が激しくて…。ユウウツだわ。

 見ていただいたのは
 *モシュコフスキー 「16の技術練習曲OP97」1番
 *バッハ 「イギリス組曲 第6番」プレリュード
 *スクリャービン 「左手のための夜想曲 OP9−2」
 *スクリャービン 「ソナタ第3番」第1楽章
 *ベートーヴェン「ピアノソナタ第5番」第1楽章

 モシュコフスキー。
 手首の使い方を間違っていたよ。やれやれ。
 だもんで、スラーにならなくて、それを延々とやる。と、和音も手首を使うことによって響く音にしてそれによってつなげていくっていうのをやる。
 ってことで、次回に持ち越し。
 つか、これを指定されてるテンポで弾けるようになるとは、全く思えないんですけどww

 バッハ。
 プレリュード、合格。いえい。
 トリルの頭をきちっと出すっていうのを言われて…。たいていトリルが大きくなりすぎるので小さく小さくって気にし過ぎてたみたい。と、16分音符がすべると。うーん。きっちりとってるつもりなんだけどなぁ。つか、やっぱさくっとピアノを調律しないとだめなんだろうな。うん、湿気で鍵盤の反応がちょっとなってなってるんだもの。が、しかし、私の担当の方が長期出張的なことでいないのだ。別の方を、って言われたけど以前、違う方がきて「こんなの私のボストンちゃんじゃないよぉ」って感じにされたのでこりた。
 とはいえ…。
 ちゃんと、いつ帰ってくるのか聞いた方がいいよね。うん。

 ベートーヴェン。
 ペダルの入れ方をあーだこーだと。
 初期ソナタの作品だから、ペダルなしでも弾けないことはないんだけど、生徒に弾かせるためにやってて、生徒は当然手が小さいのでペダルでその辺の補填をしないといけない。なんで、きっちりペダルをいれていくと…えらく難しいんですけど。って私、どんだけいい加減にいれてたんだ。
 と、フレーズの捉え方を指摘される。
 うーん。ちっとも俯瞰できてなかったですなぁ。
 
 ノクターン。
 講師演奏をすることになったので、「じゃ、これからは綺麗に弾くことに重点を」とおっしゃる。でもって、誰が聞いても綺麗、ってなるようにと師匠はおっしゃる。
 はい。私だけが気持ちいいのってダメなんですよね。
 で、結局のところ<間>なんだよね。
 呼吸が上手くとれてないことろが多いのと、やっぱり手首の柔軟性が欠けてるところがちょいちょいあって、それが流れをぶちこわしていると。
 まぁ、次から次へと問題が発覚するもんだよなぁ。やれやれ。

 ソナタ。
 師匠いわく「さっさと暗譜しちゃいなさいね」
 はーい。と、返事したところで、ペダルの場所が大幅変更。 
 う。それで暗譜というのは、キツイですよ。
 でも、ペダルの場所を直したことで、曖昧になっていたメロディーがはっきりしてきたので、なんか形になってきたっぽい。
 がんばれ、私。

 次回は、5月8日。
 GWで、練習不足必至になりそうなので、今からこわい。



タグ:レッスン
posted by xmayumix at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

ホームコンサート 2013


 師匠宅での、ホームコンサートでした。
 1組連弾があって、全部で8曲。
 ショパンのスケルツォやら、喜びの島やらの大曲ばっかりで、ちょこっと肩身が狭い。ついでに、また最後から2番目だった。
 師匠…。
 なんか、師匠の中での私の立ち位置がわかってきた気がする<苦笑

 始まる前に、1回弾く時間があって弾いた。
 が、いきなり3番目の音が飛ぶ。で、とまる。あああああ。 
 楽譜で確かめて、あとは無難に弾けたけど、そこを忘れるってことは今までなかったので、自分のアホさにがっくりしたのであった。

 始まって、皆のすんごい演奏を聞いて、ヘコむ。
 とはいえ、へこんでても解決にならないし、自分がヘタクソなのは自分がよくわかってるし、だからって逃げるわけにもいかなし、と…。
 まぁ、そこでそういう風にネガティブな方向にいかないでいられるっていうのも、いわゆる年の功なんだろうな。

 自分の番になって、ちゃんと入れたので安心してたら、いきなり心臓がばくばくしはじめる。いかん、緊張してるよ、あがってるよ、とあがる。で、ちょいちょい音をはずしながら、思わないことをしつつ、それでも止まったり派手に間違えることはなくすすむ。
 が、最後のページにはいったとたん、嘘のように緊張が消えた。
 本当に、すこんって落ちたみたいに消えた。
 かといって、曲にのめりこんだってわけでもなく、いわゆる<平常心>って感じになった。
 
 不思議だった。
 気負いみたいなのも、消えてたもんね。
 かといって、周りが消えたわけでもなくて、ただ<普通>だった。

 うむ。私、新しい次元を得たか?ww

 ま、そんなこんなで無事終了。
 演奏が終わったあとは、皆で持ち寄りのホームパーティで一杯食べて、一杯おしゃべりして、とっても楽しかった。
 
 やっぱ、人前で弾くって勉強になります。うん。



タグ:Days
posted by xmayumix at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

グレード、講習会


 師匠による、グレードの講習会でした。
 で、レッシュホルンを弾いた。
  
 なんか寒くて指が動かなくて…。
 この曲、いきなり弾く、その1回きりで評価されるって、きつすぎるよなぁって思う。

 ともあれ、今年の曲は、やたら指がきっちりしてないとできないものばっかりなのだ。
 なので、必然的に指をどうもっていくか、というか、主に1と5をどうするかってことばっかりだった。
 電子ピアノの子が圧倒的に多くなってきてるのに、この状況ってキツいなって思いますよ。
 やれやれ。

 と、なんなんだろう。
 弾くことを楽しんでないなって、感じになるのってどういうことなんだろう。
 まぁ、講習会で弾かされて楽しくはないだろうけど、でも曲がもっている性格というか、トーンみたいなのは絶対あって、それを感じないで弾くことって違うだろう。
 …4月から引き継ぐ生徒さんがいて、その弾き継ぎにいったときに、同じようなことを思ったんだけど…。
 若い子共通のことなのかな?

 とりあえず、自分の生徒にはああいう弾き方するようにはなっていただきたくないなって、ちょこっと思った。

 なにはともあれ、大事なのは第3関節の自立というか、支えだな。
 がんばろっと。

 …お店から楽譜きたよって連絡きて、終わってから引き取った。
 解説みたら、モシュコフスキー、指の拡張と手首の柔軟性のための、云々とありましたよ。
 やっぱ、15がおわったら、16するっきゃないみたい。
 うん、私に一番必要なことだ。

 
モシュコフスキー 16の技術練習曲 (ピアノライブラリー)

全音楽譜出版社
売り上げランキング: 1,012,901



タグ:研修会
posted by xmayumix at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする