2016年03月29日

レッスン@Mar 2016


 やっぱり、放置で…。
 
 今月のレッスン、2回終わりました。
 1回目は、バッハ他も見ていただいたのだけど、カレンダーみて焦ったもので、2回目はプロコフィエフだけ。暗譜ができない<号泣
 師匠宅でのホームコンサートが4月24日なので、それまでになんとか形にしたい。で、ちんたらやってる場合じゃないと、完全に焦ってます。やれやれ。

 で、も、ずーーーーと「5が弱い」って。
 5がしっかり出てこないから、何弾いてるのかわからないって。ごもっともです。
 腕の使い方とか、第3関節の意識の仕方とか、和音を弾くときの角度とか、色々見ていただいてぐったりです。
 この間、生徒のコンクールの受賞者コンサートがあって、客席で聞いていたのだけど、上手く指に体を乗せられるのとそうじゃないのとでは、音の響きが違うなと実感しました。
 まぁ、年齢的とか体格でできるできないっていうのがあるのだろうけど、結局は響きというのは、力を入れるだけでは貧しいんだね。余裕というか、余韻があってこその響きって、わかったような気がちょっとした。
 
 なんで、絶賛5強化週間です。
 なんか、気持ち右の5が太くなった感じww

 自分の家のピアノだと、ちゃんと5が響いて聞こえるのだけど、師匠宅のピアノはこんなには響かないんだよね。ま、だからこそ「素」がばればれになるんだけど。
 なんで、もっともっとがんばんないとだめなんだよね。
 やれやれ。




タグ:レッスン
posted by xmayumix at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

レッスン@FEB 2016


 すっかり放置で…。

 1月に、ちょこっとした手術を受けまして、その前後で相当へたれてました。
 自分に痛み耐性がないことを、再認識いたしました。
 いやあね。

 ま、それでもレッスンはちゃんといってましたよ。
 えらいww

 で、2月2回目のレッスン。
 見ていただいたのは、
 *モーツァルト 「フィッシャーのメヌエットによる12の変奏曲K179」
 *バッハ 「平均律12番」プレリュード
 *スクリャービン 「マズルカOP3-2」
 *プロコフィエフ 「ソナタ1番」

 モーツァルトは相変わらず、指の根元から動かす、っていうのを言われる。
 にしても、音がとれん。
 とりあえず、片手でもっと練習しないとだめだなと、自覚。
 やれやれ。

 バッハ。
 ほめてもらったよ。
 いえい。
 とはいえ、プレリュードだけでフーガはもっていけなかったので、だめだめなのだ。
 つか、フーガ、いったいいつもっていけるのだろう。
 4声のばかばか。

 スクリャービン。
 4月の師匠宅でのホームコンサートと、生徒の発表会の時の講師演奏(仮)も、プロコフィエフを弾くことにしたので、軽くやってる感じ。
 っても、マズルカってほとんどやったことないので、何度も「ワルツじゃない」って言われる。
 うーん。
 わかんないよ。1拍目がはねてるってだけじゃないの。つか、まずその、はねが甘いのがだめなんだけどね。
 あと、ペダルが上手くいれられない。
 …墓穴掘った気がすごくする。
 (マズルカをコンプリートしたい欲望がないわけではない)

 プロコフィエフ。
 ってことで、4月に弾く予定なので、がんばって暗譜しようとしたんだけど、半分もできなかった。
 やれやれ。
 で、弾くって、前提ができたことで師匠きびしくなるよww
 きっちりメロディを弾ききらないと伝わらないと。
 はい、わかってるんです。でも…。
 あと、「叩かない。置く」って。
 あー、モーツァルトの時も「音色をそろえる」って言われたんだけど、こっちもそういうことなんだろうな。
 なかなか、思うようにいかんですわ。
 やれやれ。





タグ:レッスン
posted by xmayumix at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

レッスン@sep-1 2015


 まずは、発表会の感想とか反省とか…。
 師匠いわく、今回はピアノにだいぶ助けられていたそうな。
 毎度ながら皆上手いよね、って思ってたけど、それだけじゃなかったみたい。
 ま、弾きやすいピアノだったり、音がきれいだったりすると、弾いてるうちにテンションあがるからな。
 私は「やっとスランプから抜けた気がしました」っていうと、苦笑いされてた。
 で、来年なに弾くって話になるのだが…。

 見ていただいたのは、
 *バッハ「インヴェンション」14番
 *バッハ「平均律第1巻」8番フーガ
 *モシュコフスキー「16の技術練習曲OP97」15番
 *ショパン「ワルツ イ短調」
 *スクリャービン「マズルカ OP3-1」

 発表会終わったあと、さすがに魂抜けた状態になっててまるっと一週間全然弾いてなかっただよね。
 だもんで、どれもこれも練習不足。
 師匠も「たまにはね」って苦笑い。

 ショパンは、生徒のコンクール用。
 ま、私はそれなりに弾けるんだよ(一応) ただ、それを人に伝えるとなると難しい。と、どれぐらい揺らすかっていう塩梅がわからない。
 つか、やっぱりショパン難しいわ。
 単純であるだけに、難しさがひしひしとやってきてツライ…。
 
 インベンション。
 フレーズの取り方が甘くて…。
 こういう曲のとき、ウィーン原典版は使いにくいのよ。
 ま、これは普通に練習不足。
 
 ついでに、フーガも練習不足。
 つか、結構忘れてたよ<汗
 とはいえ、忘れきってなかったところが、エライというか、年の功だよな。
 長い音は強めに、短い音は小さめに、って全体のバランスが悪いって。
 まだ、弾くだけで必死です。やれやれ。
 
 モシュコフスキー。
 音が面倒なんじゃあ!!
 てことで、ちんたらとしか弾けなくて…。
 とはいえ、スクリャービンのエチュードに比べたら簡単だと思うのだが、某社のレベル表だとこっちの方がめっちゃ難しい扱いなんだよね。
 解せん。
 にしても、ペダルいれてないと弾きにくいって明確にあるもんだな。

 スクリャービン。
 焔が終わったので、も、来年は脱スクリャービンって思ってたんだけど、春秋社の楽譜がコンプリートされた記念に(ww)弾くことにしました。
 一応、生徒の発表会の時の講師演奏用。
 でも、これにするか、別のにするか未定。
 しかし、簡単なようでちょいちょい左右が交錯するので面倒。やっぱりスクリャービンはスクリャービンってことですな。
 
 で、来年の曲なんだが…。
 どうやら、来年の生徒の発表会は早くなるらしい。
 ってことは、講師演奏してから師匠のところの発表会まで結構時間があるってこと。ついでに某コンクールの予選にも時間があるってことだ。
 長年やってるけど、生徒の発表会がこんな早い時期になったことはない。
 ってことは、これは千載一遇のチャンスなんじゃないかと、つい思ってしまった。
 なんで、師匠に「某コンクールに出てみようと思うので、それをふまえて曲を選びたいんですけど」って一応事前にメールしておいたのだった。
 
 家で、つらつら楽譜見てて、シューマンのソナタ2番の一楽章か、プロコフィエフのソナタの1番ぐらいがいいかなって思ってたら、師匠からの返信では「それでもいいけど、シューマンの4楽章か、プロコフィエフの3番もいいですよ」って来てた。

 で、レッスンのあと師匠とあーでもないこーでもないと相談していたのだった。
 話してて思った。私、シューマンはソナタの2番の1楽章だけが好きなのだ。本当に、いったいなに??って思うぐらい<だけ>だった。
 ま、それはおいておいても「コンクールだと現代曲のほうが有利」って師匠がおっしゃるので、自然にプロコフィエフに。
 師匠は、3番押しみたいだったんだけど…。
 「私、案外ロマンチストなんですよ」って言ったら、やっぱり苦笑いして1番になりました。

 ってことで、来年の曲決定です。
 以前弾いたことがあるので、日記調べてみたら(こういう時ネットの日記はめっちゃ便利)13年前でした。
 どうりで、忘れきってるはずだ。
 にしても、楽譜のすみっこがやぶれずに割ときれいな状態だってことは、たいして練習してなかったんだろう。なんで、再トライするにはちょうどよかったかも。

 ともあれ、シルバーウィークの前に曲が決められてよかったです。
 うん。




タグ:レッスン
posted by xmayumix at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

レッスン@Aug-2 2015

 発表会前の最後のレッスン。
 間に、お盆があって、まるっと4日弾いてなかったりする。

 あ、今回も「焔に向かって」だけです。
 
 で、ちょっと暗譜がおちかけたものの、なんとかごまかして弾いたら、師匠「よくなったよ」と言ってくださった。
 いえい。
 とはいえ、またまた、そこからダメだしが続くんだけどね。
 ああああ。

 ま、音を立体的にするには、音量だけではだめで、音色ももちろんだけど入り方とか抜け方とか、その辺まで考えないと構築されてこない。特に、手が届かなくて、指で音の保持ができないのだからもっと神経使わなきゃってことで…。

 うーん。
 それを考えていたら、暗譜がおちるww
 まだ、音が魂に刻まれてないんだよねと、痛感。

 あと、「数えないで」って言われて…。
 ちゃんと拍がとれてるからこそ数えてるのが目立つそうな。
 うむ。
 拍は取れてるかもしれないが、よーするに呼吸してないんだろう。

 ともあれ、一応合格点はいただけたみたい。

 つーことで、本番は明日です。
 がんばれ、私。





 
タグ:レッスン
posted by xmayumix at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

レッスン@Aug-1 2015


 発表会も近いので「焔に向かって」だけ。
 
 と、その前にプログラムをいただく。
 …高校生のあとだったよ。
 
 緊張しないように、って配慮したいただいたような気がする。
 師匠、すんません、毎度ふがいなくて…。

 で、今までで一番よかったと、言っていただいた。
 って、今までがひどすぎただけなんだと思うけどね<汗
 でもって、これだけ、ってしぼってやればなんとかなる。つか、○日って日が限定されてしまえば、そこにむけてなんとかできる。そういう、底力といっていいのか微妙だけど、脚力みたいなものは多分あるんだと思う。つか、今までやってきたことがその力になっているのだと思う。
 だからこそ、子供の習い事でピアノが推奨されてるんだと思ってるんだけどね。

 と、話それたが…。
 色々だめだしされたんだけど、ようするに構成がなってないんだよね。
 延々と同じフレーズが出てくる曲で、ラヴェルのボレロみたいにきっちり盛り上がりますよ、っていうのもなくてとらえどろこがないんだけど、それでも構成があるわけで。
 構成というか、構築だな。
 多分、私が今弾いてるのは、平面図なんだ。
 で、これを立体模型にしなきゃいけない。
 …3Dかぁ。
 
 と、理解したものの、弾けないんだけどね。
 それでも、ひっかかりはとらえた気がするので、あとは練習あるのみ。
  
 って、お盆は実家めぐりなんですけどね。
 あと、きっちり体力をもどしていかないと。
 まだ、弾いたらすごい疲れる。
 体調悪かったのをひきずってるんだよね。
 いやあね、年食うと回復が遅くって。

 次回は、19日。
 発表会の5日前なので、…。
 がんばれ、私ww



タグ:レッスン
posted by xmayumix at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

レッスン@July-2 2015


 今回もスクリャービン、ずくし。
 の、前に…。

 体調崩してまして。
 吐き気がして、眠れない。座ってもいられない、って状態が二晩続いて、病院いったら、内臓が動いてないよ、って…。
 で、絶え間なく吐き気がする状態が、結局5日続いた。食べなきゃ、余計内臓動かないってわかってるけど、水を飲むのも吐き気でようよう、って感じでしんどかったです。
 ま、おかげで、胃カメラも大腸カメラもやったから、怪我の功名って感じなんだけどね。
 で、胃も大腸も問題なし。よーするにストレスが原因らしい。
 やれやれ。

 そういう状態だったので、全然練習できなくて、それでもどうにか復活してから2日で形に戻していったから、私、えらいww

エチュード。
 練習不足で、よたよたしてるところはおいといてww
 中間部のクロスリズムを指摘される。
 いわく、クロスリズムに聞こえてないって。
 うーん。
 師匠は、腕を使って弾けばちゃんとできるといわれるんだが、切り替えができないんだよね。
 でも、ま、基本的にはよくなってる、って言ってくださったので、病気になるまでのがんばりが効いたみたい。

 焔。
 まとまりというか、何を出して何を隠すかのバランスがね。
 割とざくっとした曲なんだけど、実は奥が深かったww
 あと、拍子感が…。
 変拍子っぽくなると、とたんわかんなくなるんだよなぁ。
 もっと、客観的に聴かなきゃ、って思うのである。

 ともあれ、日曜日の発表会でエチュード弾いて、それからが勝負だねと思うのである。
 つか、そうするしかないんだけどね。
 やれやれ。




タグ:レッスン
posted by xmayumix at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

レッスン@July-1 2015


 発表会&発表会が近いので、スクリャービンずくし。
 
 エチュード。
 最初のメロディーがでてない、歌えてない。左右のリズム感が違う、って延々とやるんだけど、上手くできない。師匠んちのピアノは、重い…。ったら、師匠「普通」と一刀両断。うえん。
 
 で、帰宅して、つらつら考えながら弾いたら、なんかできた。
 ま、よーするに16分音符であわないなら、8分音符であわせればいいじゃん。それを聞けばいいじゃん。枝葉にとらわれて、幹をみてないってことじゃん、と気づく。
 
 つーのを、レッスンの時にできたら私、えらい、んだけどねぇ。
 子供の頃から、それができなくて毎度へこんでたんだが、いまだにこれだ。
 成長がないって、こわい。

 中間部はほめていただいた。
 あと、和音で進むところは「早くならない」ってちょいちょい言われて…。
 うむ。次にいかなきゃ、って焦るんだよね。焦る必要はないってわかっててもだめなんだよね。
 人間の器の小ささが、こんなところで露呈するのであった。やれやれ。

 焔に向かって。
 いきなり楽譜をとられるので、「すみません、まだ覚えてません」と泣きつく。
 ぼんやりは覚えてきたのだけど、すぐわからなくなる。師匠は「どう弾いても聞いてるほうはわからないわよ」って笑ってたたけど、だからこそ、自分で違うって感じたときに違和感が半端なくて、そうなると前に全くすすめなくなるんだよね。
 ああああ。

 で、結局は構成感なんだろうな。
 これも、枝葉にとらわれてる状態。
 と、トレモロって、よーするに<和音>なんだよね。それをすっかり忘れていた。
 
 ま、師匠は構成さえきちんととらえたら、あとは弾けるでしょ、みたいなノリで…。その信頼が痛い。
 取り柄は、感性だけらしいので、それで乗り切れみたい。
 
 くすん。
 
 がんばれ私。
 明日は、講師演奏の弾きあい会だ。
 むしろ一番緊張する場なのだ。
 …胃がいたい。
 がんばれ、がんばれ、私。
 怖いのは、がんばった証拠なんだよ…。



posted by xmayumix at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

レッスン@Jun 2 2015


 カレンダー見てて、やばいやばいやばい、ってなっている今日この頃。
 とはいえ、やりかけを放置するってことがものすごいストレスになるという面倒くさい私…。
 
 ってことで見ていただいたのは、
 *バッハ「インヴェンション」13番
 *バッハ「平均律第1巻」8番フーガ
 *スクリャービン 「エチュード OP49-5」
 *スクリャービン 「詩曲 焔に向かって」

 インヴェンションは、ほめていただく。
 いえい。
 ま、フレーズの処理が甘かったんだけどね。
 でも、毎度言われるリズムというか拍子が良かったって。で、「いっぱいメトロノームあわせた?」って聞かれたんだけど、実は全く合わせてない。
 うむ。
 でも左手の練習はいっぱいしたので、よーするにこれか。拍子が揺らぐのは左手のせいだったのかと、ちょっと思う。
 あと、ま、この曲は好きなのだ。
 相変わらず、好きな曲とそうじゃない曲の差が激しすぎるのである。

 平均律。
 手首や腕をつかって響かせて、レガートにする、っていうのがやっぱりできない。
 あと、どの声部を聞かせるかっていうのが、あいまい。
 ってことで、もちこしになりました。
 やれやれ。
 この先、発表会が終わるまで、スクリャービンだけにするので、その間に忘れてしまいそうだけど仕方ないのである。
 あああ。

 スクリャービン、エチュード。
 この3日前から、がくんと弾けなくなっていた。
 ああ、来たなって感じ。
 昔から、このがくんが来てそのあとステップアップするっていうのを繰り返してきた。
 ただ、がくんの後でどう練習するかで、まったく違ってくるんだけどね。
 で、師匠に腕と手首を使ってっていうのを、延々とやらされる。
 全身をつかって弾く、そうすることで脱力ができる、って頭でわかってる気がするんだけど、弾きだしたらすぐ力が入ってしまう。
 まいったな。
 ま、それでも師匠に「よくなってる」って言ってもらえたので、地味な努力はそれなりに型になっているのだろう。

 焔。
 混沌としすぎて…。
 なにはともあれ、3拍子になってないことが一番問題なのだ。
 って。クロスリズムに振り回されて、拍子に思い至らない。
 ま、それでも何をだして、なにを出さないかという、方向性はでてきたので前進しているのだろう。

 とりあえず、次回までには暗譜したい今日この頃。
 って、覚えられる気が全くしないよぉ<しくしく




タグ:レッスン
posted by xmayumix at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

レッスン@Apr-2 2015


 日曜日がホームコンサートだというのに…<落涙
 ってことで今回は「スクリャービン、エチュードOp49-5」だけを見ていただく。
 
 指が全然まわらなかったよ。
 あああ。
 で、体に力がはいってるから、動かないってことで、1時間半ほぼずっと手首の動かし方をやる。
 できないっ。
 手首が固いのは自覚してるが、それにしてもなぁ。
 師匠は「手首を上げたらその時に力がぬけるから」とおっしゃる。それはわかる。が、手首だけを上げるっていうのができないので、結局腕や肩で上げることになって、やっぱり力がはいるのである。
 
 あと、師匠んちのピアノは固いのだ。
 うちのボストンちゃんだと、ちゃんとメロディーが出てほかを小さく弾けるのに、師匠んちのだと全くコントロールができない。
 って、言い訳してても仕方ないんだが。
 
 家でもっともっと、コントロールできないと師匠んちのピアノじゃ弾けない…。
 時間がないよぉ。
 
 とりあえず、中間部のメロディーのきれいなところは、「きれいに歌わせられてる」ってほめていただいたので、それを心の縁にがんばるよ。
 うん。
 やるしかない、というか、やればどこかにつながっていくって知ってるから、それが多分一番の強みなんだろう。





タグ:レッスン
posted by xmayumix at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

レッスン@Apr-1 2015


 2.3日暖かかったのに、この日は寒かった。
 相変わらず冷え冷えの私の手なのである。
 うむ。
 ウルトラ蒸し生姜も作って、毎日とってるし、シナモンが末端の冷えに効くっていうので、コーヒーにいれて飲んでるんだけどね。効果が表れるのは、今年の冬ってことなのか??

 見ていただいたのは
 *クレメンティ 「ソナチネ 2巻」7番第一楽章 
 *バッハ「インヴェンション」11番
 *バッハ「平均律第1巻」8番フーガ
 *モシュコフスキー「16の技術練習曲OP97」14番
 *スクリャービン 「エチュード OP49-5」

 ソナチネ。
 こないだ、拍子を指摘されたので、めっちゃメトロノームにあわせたら「やりすぎ」だって。
 しょぼん。
 古典派ってこういう加減がわからない。ロマン派以降だと、たとえがっつりあわせていたとしても、結局は曲の流れにのっかっていくてなる感じだものね。クレメンティもそういう部分がないことはないんだろうけど、私にはわかりにくいです。
 うむ。
 なんか、中学のころに冷静な人間になろう、ってすごい意識して今の割と感情がフラットな人間になってると思うんだけど、根本的には感情的なんだろうな。ゆえに、わかりにくい、というのは強引すぎかww

 モシュコフスキー。
 よたよたとしか弾けなくて…。
 音がわかりにくいんじゃい!!
 ともあれ、一応4声の曲なので、師匠に「ちゃんと出す音出して」と苦笑いされちゃった。
 
 インベンション。
 前回の轍を踏んで、左手の練習とメトロノームとやった。
 なんでそんなに悪くないけど、ツブがそろってない。っていうので、指をとにかく根本から動かす、腕や手の甲を動かさない、っていうのをやる。
 うーん。
 指が独立して動いてないですね、私。
 
 フーガ。
 まあ、なんかやっと最後までたどり着いたって状態なので…。
 でも、脱力することで音を響かせて、実際に音を伸ばすというより、響きで音をつなげて、っていわれるんだけど、難しいです。
 特に師匠んちのピアノは、うちのピアノに比べて音が響かないからさらに難しいの。
 まいったな。
 
 スクリャービン。
 なんか、いつもにましてボロボロになって、半泣き。
 師匠は「力をぬいて」と。
 うむ。ミスるから余計力がはいるんだよ、ってわかってるんだけど、そうなった時に脱力ができない。
 でさらに力がはいる悪循環。
 あああ。
 ま、けどようするに出すべき音とそうじゃない音の区別化が甘いので、足元をすくわれるんだよね。
 「5がよわい」と師匠にまた言われて、へこむ。
 使い方が悪いんだよねってわかってるんだけど、なかなか改善できませぬ。

 にしても、もうすぐホームコンサートなんだが、間に合う気が全くしなくなってきたよぉ。
 やばい、やばすぎる。
 溜息。






posted by xmayumix at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。