2011年12月06日

ただいま練習中@2011dec

 なんか、相変わらずまったりというか、やる気半減の日々。
 疲れてるのかねぇ。やれやれ。

 ただいま練習中。
 *モシェコフスキー「15の練習曲」10番
 *バッハ「イギリス組曲 1番」プレリュード、アルマンド
 *スクリャービン「ポロネーズ」
 *スクリャービン「詩曲OP32」
 *スクリャービン「ソナタ第1番 1楽章」

 変わり映えいたしませんww

 モシェコフスキーは、延々とリズム練習をやっとります。
 まぁ、こーいうのはきっちり練習すれば、ちゃんと結果がでてくるのがありがたい。
 ついでに、先月の自分のテイタラクを反省してみるのである。

 バッハ。
 プレリュードがぐだぐだたったのに、アルマンドまで始めちゃって大丈夫なのかとセルフつっこみ。
 相変わらず、わけわからん状態。
 指使いがねぇ。それって物理的に無理なんじゃね、っていうのがあって困る。

 アルマンドは保持音が保持しきれない。
 届かないんだよぉ。ついでに、忘れちゃうんだよぉ。
 曲は、なんか好きなんだけどなぁ。うん、宮廷舞踊っぽい感じ。クールさと高貴な感じが素敵なんだけど、全くそーいうが出てこない。

 イギリスの1番、結構手ごわかったかも<苦

 詩曲。
 1番はともかく、2番がねぇ。
 で、とにかく短前打音をはずして練習。結局、骨格がわかってないんだと思う。

 ポロネーズとソナタ。
 初心にかえって(?)ひたすら片手練習中。
 で、わかった。ポロネーズは難しい。
 一体なんなんだぁ。
 楽譜みても、対して難しいように見えないのに(いや、スクリャービンなのでやたら音は多いですけどね) 構成もむしろシンプルなのに。
 それなのに、難しい。
 つーのを、ソナタを弾いてて認識。

 よーするにやっぱ、わかってなかったんだなぁ。
 と、軽くへこんでしまうのであった。
 あああ。

 ソナタは相変わらずよたよたやってるので、いったいいつになったら師匠に見ていただけるのか、絶望的なのであった。やれやれ。

 ま、次のレッスンは28日という年末真っ最中。その前に仕事はお休みなるから、最後にがんばって追い上げてと、今のところは予定している。
 …予定は未定、なんて言わないでねww





タグ:練習
posted by xmayumix at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

ただいま練習中@2011nov

 11月なんですけどねぇ。
 暑いです。
 いったい、どーしちゃったの???ってぐらい暑い。
 今も、半袖きてますよ。仕事の時は、長袖着ていってるけど、たいてい袖まくりあげてるもんなぁ。
 ま、寒いよりはぜんぜんましなんだけどね。


 ただいま練習中。
 *モシェコフスキー「15の練習曲」10番
 *バッハ「イギリス組曲 1番」プレリュード
 *スクリャービン「ポロネーズ」
 *スクリャービン「詩曲OP32」
 *スクリャービン「ソナタ第1番 1楽章」
 と、生徒のコンクールの曲、色々…。

 モシェコフスキーの10番は、音を保持しつつ細かい動きをする曲。
 指が、よれよれします。あああ。
 でも、モシェコフスキーってなんでこういう音の進行をするんだぁって怒るところは今回ないので、ましかな。って、ないと思うのは、単に慣れただけなのかな?
 
 バッハ
 6番にいこうかと思ってたんだけど、6番のプレリュードは死ぬほど長い。
 だもんで、1番に戻りました。
 …大学の頃に、2番のプレリュードとサラマンドは弾いたので、予定では、5番やって、それから1番に戻って、そんで2番にいって、イギリス組曲あがり!ってするつもりだったんだけどね…
 2Pとちょっとで、いけるかと思ったら、やたら面倒でやんの。
 でもって、毎度書いてますが、バッハあたりって調性が緩いというか、曖昧なんだよね。ゆえに、ワケわからなくなるのである。まいったなぁ。

 ポロネーズ
 師匠にいわれた通り、ペダルを入れない練習と、すごーーーーーーくゆっくりの練習をしてます。
 ついでに、弾けないのではしょってた音を、極力いれるように修正中。
 …もしかして、この辺が本番で上手くいかなかった理由なのかなぁとちょっと思ったりするのである。
 いやいや、音をいれるとさらに和音が繊細になって、ピアノのピッチで違ってくる感じだから、それはそれで弾けない気がするなぁ。
 まぁ。なににせよ、まだ山は高い。

 詩曲
 相変わらずとらえどころがなく…。
 も、ひたすら弾くしかないだろうと、開き直ってやってます。
 メロディを出しつつ、儚げに弾くって、物理的にできそうにないんですけど。やれやれ。

 ソナタ
 相変わらず、もたもたやりながら…。
 音、難しすぎですよ。
 あと、右が4連符で、左が3連符で、時々符点つきに四苦八苦。
 この調子だと師匠にみていただくのは一体いつになるんでしょうねぇ。

 コンクールの曲は、平吉氏の「北国のお話」「どんぐりが踊ってる」「夕顔の花が咲いたよ」三善晃氏の「ファのおはなし」
 夕顔が、意外と難しくて…。
 イメージはあるんだよなぁ。でも、それをどうやって伝えればいいのか、微妙なのだ。
 と、個人的にはとっても好きな「ファのおはなし」
 この美しさが、どうも伝わってなくて…。
 うむむ。


 
タグ:練習
posted by xmayumix at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

ただいま練習中@2011oct

 9月30日に、がっつり左の人差し指を切って、それを理由に練習をさぼりまくってましたが、さすがに限界なのでww
 つか、夢で「今から、演奏会です」とか、「ピアノの試験です」って立て続けに見たんですけど。
 どんだけ強迫神経症なんすかね、私。
 もっとも、今から演奏会ですの時は、演奏よりドレスのことを心配してましたが。って、夢の中でもテンパってたからドレスのことを考えることで、現実逃避してたんだろうなぁ。

 あ、怪我はよくなりました。
 まだ、ちょい痛いけど、とりあえず弾くのに支障はないです。
 もっとも、傷は液体絆創膏でふさいでますけどね。鍵盤に爪をひっかけて、はがしそうで怖いのだ。

 ただいま練習中。
 *モシェコフスキー「15の練習曲」8番
 *バッハ「イギリス組曲 5番」ジーク
 *スクリャービン「ポロネーズ」
 *スクリャービン「詩曲OP32」
 *スクリャービン「ソナタ第1番 1楽章」

 さすがにあんだけさぼると、モシェコフスキーとバッハがぐだぐだになっているのであった。
 あああ。
 モシェコフスキーは、怪我の前は「お、ちょっと手首柔らかくなったかも」って思ってたのに、それが逆行。また硬いですよ。
 つか、さぼってた=手のマッサージしない=ストレッチしない、なので、体そのものが硬くなってしまって、まいります。
 体が硬くなると、なんか太りやすくなる気がするですよ。あああ。

 と、バッハは指が痛い。
 って、一応他の曲とバッハとじゃ、タッチを使い分けてるらしい。なんで、ロマン派になる他の曲とバッハでは、打鍵する場所がちがってるんだなぁと客観的に感じて、感心してみたりするのであった。

 で、どうも弾く場所がなくなってしまった感じになった「ポロネーズ」
 もういいかなって気分になりつつあるのであった。
 つか、さすがにさぼっていても、弾き始めたらそれなりに弾けるから長くやってきただけあるよ。
 弾いてると時々<天啓>に触れそうな感触があるんだけどなぁ。
 ま、まだ降りてこないから、何かが足りてないんだろう。

 と「詩曲」
 師匠んちのホームコンサートに、間に合わせる気でがんばってますよ。
 まぁ、ホームコンサートとはいえ、暗譜っていわれたら、間に合わないと思うんだけど。
 ともあれ、さくっとひとまず形にして、来年の発表会講師演奏じゃ、余裕があるよって状態にしたいなぁと。もっとも、弾かせてもらえるかどうか妖しいんだけどね。

 ともあれ、ポロネーズでどうやらスクリャービンは、形になってからこそが厳しいっていうのがよーーーっくわかったので、それを肝に据えていどみたいと思ってます。

 なので、「ソナタ1番 1楽章」
 3番にするか、1番にするか散々悩んで、ひとまず1番に。
 怪我から復活してから、音を見始めたんだけど…。
 一向に終わりまでたどりつけないんですけど<汗

 わけわからんにもほどがあろうって感じなのだ。
 しかも、届かない和音テンコ盛りだし。

 っても、ポロネーズとは違って、春秋社の楽譜なので、かなり左右の弾き分けとか、指番号とか、わかりやすく書いてくれてるので、なんとかなるんじゃないかと甘く考えているのであった。

 …自分で自分の首をしめてる気がする今日この頃。
 まぁ、そんでもなんだかんだって元気で、お気楽にやってるから、こうやって練習できるってことに感謝しなくちゃね。
 うん。







タグ:練習
posted by xmayumix at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

ただいま練習中@2011sep2

 まぁ、ちょっとだけ涼しくなりました。
 でも、モシェコフスキーとスクリャービン弾くと、あせだくになる。
 結局のところ、運動量は指の広げ方に比例してるんでしょうかねぇww

 ただいま練習中。
 *モシェコフスキー「15の練習曲」8番
 *バッハ「イギリス組曲 5番」ジーク
 *スクリャービン「ポロネーズ」
 *スクリャービン「詩曲OP32」

 ま、レッスン前と変わり映えなし。

 が、呼吸を気にして練習中。
 で、今まで自分が息をしてないところが多々あることを再発見。

 いやあ、怖いわ。
 
 一応、フレーズに合わせて息を吸って吐いてってしてたつもりだったんだけど、そーいう所以外は息止まってるよ。
 よく、生きてたなww

 で、ポロネーズは、ダンって弾く時に息を吐くって感じなので、ある意味ラク。
 でも、よーするに大事なのはその前に息を吸うことだと気づく。
 息をちゃんと吸えてないと、ちゃんと吐けない。

 中間のメインメロディーが最高に盛り上がるところで、師匠がここで吸って吐いてっていうのを覚えてたつもりだけど、覚えてない。でもって、なんか弾きにくくなると息がとまってる。ああああ。
 ついでに、師匠はここの部分は「音をおくだけ」っておっしゃってて、レッスンの時はできたように言われたんだけど〜「その方が音が綺麗に伸びるでしょ」〜って、今はわからない。
 うーーーーん。

 ともあれ、課題は音の伸びだな。
 ちゃんと響かせる、のびやかにするっていうのができると素敵なんだけどね。

 バッハは、3拍子に合わせた呼吸。
 1拍目で吐いて、3拍目で吸うって感じを繰り返すんだけど、これができない。
 って、どんだけ右手中心に考えてるんですか、と小一時間ぐらい問い詰めたいぐらいだ。
 つまり、右手にタイがあって1拍目がウラになってると息を吐くことができない。
 
 自分のアホに涙がでるよ。

 そんなこんなで悪戦苦闘中。
 今は、なんとか無理矢理してる呼吸だけど、最終的に自然にできないとダメなんだよね。
 
 道のりは遠い…。






タグ:練習
posted by xmayumix at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

ただいま練習中@2011sep

 9月になったとはいえ、まだまだ暑い。
 でもって、夏の疲れがなんかでてきてるようで、だるいですわ。やれやれ。

 ただいま練習中。
 *モシェコフスキー「15の練習曲」8番
 *バッハ「イギリス組曲 5番」ジーク
 *スクリャービン「ポロネーズ」
 *スクリャービン「詩曲OP32」


 今月末に会社の研修会があるので、レッスンの日が移動になって今月は14日なのだ。
 やばいって。

 で、ただでさえやばいのに、最近やる気が…。
 まぁ、7月、いや6月ごろからずっとがんばって、がんばって、がんばってたから、さすがに糸が切れても仕方ないかなと思うのである。って、この先の人生を(ww)考えるとたるんでる暇はない気もするんだけどね。って、そういう焦りが、かえってよくない?って思ってたりもする。

 モシェコフスキー。
 3連符で和音と離れた音を弾くってやつなんだけど、指が届かん。
 オクターブ内なので、絶対届かないってわけじゃないんだけど、2,4で和音とって次の音を1で、ってところで、も、いっぱいいっぱい開かないと届かない。つか、届いてない。
 ああああ。
 なんで、指使いまで気が回らず。
 毎度思うけど、基本指使いって手の大きい人を対象にしてるよな。つか、そもそも作曲家も校正者も圧倒的に男性が多いから自然そうなってるんだろうけどね。まぁ、訓練のためには<無理>つか<加圧>が必要だから、いたしかたないっすね。
 ともあれ、そんな状態なので多分、軽く綺麗に流れて行くはずの曲なんだけど、やたらごつごつしてます。ああ。

 バッハ。
 苦手のジークですよ。
 ジークだとわかってて、超ゆっくり弾いていったんじゃさすがにあかんだろうと、テンポアップをはかってるんだが…。
 相変わらず調性が微妙。
 ま、この微妙さがバッハらしくていいんだけどね。

 スクリャービン「詩曲」
 今回は、オクターブ以上の和音がほとんどない。いえい。
 も、それだけで随分楽。でもって、さすがにスクリャービンの音に慣れてきたらしくて、音とりもスムーズになってきた気がする。
 …右手が5連符で、左手が3連符のところには、四苦八苦してます。
 とりあえず、楽譜のすみに数字書いて、どこではいるかをチェックするのを書いたww

 ポロネーズ。
 ずっとリズムかけて練習。
 ま、地道にするしかないよな。でも、早いとこコンサートの日程が知りたいだけど。
 って、やっぱ出るのか私ww
 
 ドレス探さなきゃいけないけど、その前にダイエットしないとやばい気がすごくするなぁ。
 やれやれ。




タグ:練習
posted by xmayumix at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

指揮者になったつもりで

 あと、3日ですかねぇ。

 っても、土曜日は朝からまるっと仕事なので、実質練習できるのは明日だけ。
 も、「矢で鉄砲でも、もってこいやぁ」って気分です<ヤケクソ

 とはいえ、作ったリズムを流しての練習は、効果がでてる気がする。
 まぁ、これはこれで、ritするところや、歌わせるところがきちんとできないので問題なんだけどね。

 で、ずーーっと師匠に2拍目が早すぎて、3拍目が遅い、といわれていた個所で思い悩んでいた。
 メトロノーム的には、あってるんだけどね。でも、それではそこのニュアンスが違う。
 そのこと、それ自体は理解できる。
 が、単にこっちをゆっくり、こっちを早めに、っていう問題じゃないんだよね。
 
 と、ひらめく。
 指揮者だったらここ、どうやって振る??

 その部分の1拍目はちょっとしたカデンツぽくなってるのでテンポが止まってるように思ってた。
 が、それでは、振れない。
 あくまで、大きくゆっくり振っていくと、自然2拍目も大きくなり、3拍目でインテンポに戻るって感じなる。

 で、そんな感じで弾いてみる。

 おお、素晴らしい。
 できるじゃないですか。

 
 …発表会の会場まで、原付きでいくつもりだったのに、鍵壊された。
 これで、2回目。でも、間にミラー折れてたり、ブレーキいぢられてたりしてる。
 カバーかけて、駐車場のすみっこの自分の車のスペースにおいてたのを、わざわざカバーはずして、マンションの階段の明かりがあるところまでもっていって、ドライバーでいぢりたおして壊してやんの。
 私のバイクが古い形だから、ある意味無理矢理やったらエンジンがかかるタイプらしい。だから、目をつけられてるみたい。
 やってきた警察も、やんわりとここにこのバイクが置いてあるの知っててやってるからこのマンションの住人か、それの関係者じゃないか、的なことを言ってた。
 が、確たる証拠がないから、犯人の特定ができないんだよぉ。
 もっとも、犯人が特定できても、こーいうバカをやるのは<子供>なので、少年法ががっちり守ってるそうな…。
 よーするに壊され損ってことっすな。

 ワンピのボンちゃんの言葉を思い出す。
 「命を賭けて友達を迎えに行く友達を…見捨てておめェら、明日食うメシが美味ェかよ!!!」

 人の物を壊して、踏みつけににして、毎日が楽しいか。ご飯がおいしいか。
 何もないのだったら、それは人間として感性が終わってるってことさ。
 可愛そうな子。
 
 よく生きるってことは、毎日美味しいご飯を食べるってことなんだと思ったりするのである。

 
 って、話がそれたが…。

 そんなこんなで予定が狂って困っているのだ。
 車でいけないこともない。駐車場もあるんだけど、狭いんだよね。
 「あ、おけない」ってなって、ぐるぐる駐車場を探してさまようって、考えただけでぞっとする。
 
 も、どーすればいいんでしょう。まいったなぁ。





タグ:練習
posted by xmayumix at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

百聞は一見にしかず

 絶賛、練習中。
 って、明日からお盆行事で家あけるんですけどね。帰宅は、15日。
 15日は昼前に帰宅する予定だから練習できるけど、まるっと3日は練習できない。
 …そんな、余裕こいてる場合じゃない気がするけどね。

 で、今さらながらポロネーズって、ってググってみる。
 




 そして、いまさらながら踊ってるのを見たりするのである。
 うむ。以前ぐぐったときは見つけられなかったんだけどなぁ。まぁ、ぐぐりかたが悪かったんだろうけど…。まぁ、そういうのもめぐりあわせなんだろう。
 色々あったけど、よーするに本当に宮廷舞踊なんだなと納得したのであった。
 と、踊ってるのは、↑の曲ばっかりなんですけど。
 踊りやすいんですかね。

 ともあれ、こういうほとんど歩いてるような舞踊は、よーするに<沈む>部分があるわけで…。
 うむ。
 そこを考えずに弾いてたと反省。

 と、スコアメーカーで、リズムパターンを作ってPCMレコーダーの放り込む。

 本当は、ピアノの下にあるバブルの頃に買った某スピーカー付きのシンセサイザーでリズムつくって出すのが早いというか、確実なんだけど、それ出すと一日係りの仕事になる。で、つらつら考えていて、スコアメーカーで作ればいいじゃん。でもって、PCMレコーダーだと、速度も変えられるからいいじゃんって気づいたわけだ。

 が、うちのPMCレコーダーは、一応スピーカーついてるけど全く音量がでないんだよね。基本、ヘッドフォンを使うって前提の品だからね。
 なんで、ヘッドフォンをしてリズムを聞きながらピアノを弾くという、おいおいなことをやっていたのであった。
 まぁ、ヘッドフォンは耳じゃなくて、頬骨あたりにあてて、耳はさらけ出すようにしておいたけどね。

 うむ。これは、PMCレコーダー用にスピーカー買うべきかなぁ。

 ともあれ、どうやら3拍目が妖しいということが判明。
 つか、3拍目を飛びこんで入ってしまってるんだよね。

 と、わかったから一応成果は出てるのかもしれん。
 そーいうことにしておこうww



タグ:練習
posted by xmayumix at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

ただいま練習中@2011aug

 去年も暑かったけど、今年はなんか体にこたえるんですけど。
 歳くったってことなんすかね<しくしく

 ただいま練習中。
 *モシェコフスキー「15の練習曲」8番
 *バッハ「イギリス組曲 5番」ジーク
 *スクリャービン「ポロネーズ」
 *スクリャービン「詩曲OP32」


 っても、も、ひたすらポロネーズですよ。
 再トライつか、本番が21日で、9日に師匠のブラッシュアップがあるので、相当焦ってます。
 なんせ、間にお盆があるからね。
 結構好き勝手やってる嫁ですが、お盆行事をばっくれる度胸はさすがにありません。なんで、4日ぐらい練習できない日があるんだよね。やばいって。

 って、やばいんじゃなくて、その4日がいい具合の<ガス抜き>になってくれるといいな。そうしたいな、ってことでがんばる。

 が、このごにおよんで、今まで右でとっていた内声を左手でとるって変えた。
 どーしても、内声一緒に弾くとメロディが沈んでしまうんだよね。で、よーーーーっく楽譜見てたら左手で内声ひけるじゃん、って気づいた。
 なんで、直す。

 こーやって、あーだこーだとがんばってる自分は、なんだかんだと健気で可愛いと、自画自賛。
 うん、他に可愛いところがないので、せめてこーいうところで。でもって、誰も可愛いといってくれないのでww
 
 …音楽つか、芸術やってるのって<ナルシスト>といわれてますが、そーいう部分って確かにあるよなと思ったりするのである。

 で、一応、詩曲も見てるんだが、片手をちょろちょろ弾いてるぐらいで…。

 多分、9日のブラッシュアップが8月分のレッスンってことになるので、そーなると師匠に見ていただくは9月になる。したら、何よりも目の前のことをちゃんとやるべきって、なるでしょ。

 バッハ。
 大苦手のジーク。
 毎度、ジークにはやられます。
 でもって、バッハの頃の調性って、古典以降とはちょっと違うと思うんだよね。なんか、安定してないというか、これはこうでこうなるべしっていう定石が使えないっていうか。
 この曲は、それが顕著なように感じます。

 モシェコフスキー。
 重音の練習。
 相変わらず、オクターブなのに中の音が微妙で「とどきません」って音が…。
 ばかばかばか。
 そんでもって、やっぱり音が、この次にこれですか?って妙な動きをする。
 あああああ。

 音が一向にとれなくて、いらっとしてます、ホント。






posted by xmayumix at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

ただいま練習中@2011jul その2

 7月のもうすぐ終わろうっていうのに、今頃ww

 ただいま練習中。
 *モシェコフスキー「15の練習曲」7番
 *バッハ「イギリス組曲 5番」サラマンド、パスピエ1、パスピエ2
 *スクリャービン「ポロネーズ」
 *スクリャービン「詩曲OP32」

 
 モシェコフスキーは、ユニゾンで分散和音の練習。
 相変わらず、モシェコフスキーらしい音のわけわからなさです。でもって、基本ユニゾンなのに、たまに音が違ってるところがある。印刷ミスじゃないかと、相当考えたよ<苦笑

 バッハ。
 サマランドはともかく、パスピエは早い。が、とてもじゃないがテンポが出せない。
 困ったもんだ。
 そんでも、レッスンが27日にあるのでとりあえず、形にするべくやってるんだが、どうやっても付け焼刃だよな。

 で、スクリャービン。
 とりあえず、来年度にむけての曲は「詩曲OP32」にする。
 ゆっくりで、短くて、多分これならピアノがどんな状態でも大丈夫なんじゃないかと、思ってるんだが、甘いかねぇ。
 一応1番と2番とってあるんだけど、両方で1曲って感じに仕上げるつもり。

 しかーし、2番は表記上はニ長調なんだよね。
 でも、いきなりフラットてんこ盛りで、ドにはナチュラルがついてるって、どこがニ長調だと小一時間ぐらい問い詰めたい。
 
 スクリャービンらしい「神秘和音」が一杯だけど、さすがになんだかんだとスクリャービンを続けてきただけあって、音とりがスムーズにいくようになったところだけ、ちょっと成長したかもと自画自賛ww

 と、ポロネーズ。
 今だと、安定して弾けるのになぁ。
 一日の練習の最初に弾くとか、時間をおいて弾くとか、他の曲の合間に弾くとか、色々やってます。
 ま、これは27日の師匠のブラッシュアップ待ちって感じ。
 きっと、これでもかってダメだしされるんだろうなぁ。ああああ。

 
 師匠のところの発表会は8月21日。
 しかし、その前日の土曜日は、テンコ盛りで仕事がある。先に仕事の予定を組んじゃったから今さらどーしようもないのだ。 
 また、疲れて日曜日を迎えるのかと、そこんとこがちょっと心配。

 ああああ、リポD的なものを買っておいて飲んだらいいかも。
 うん、それがいいや。そうしようっと。








タグ:練習
posted by xmayumix at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

トレーニングハイがやってきたww

 色々あって、今日は仕事が休み。
 ま、朝いちにお買いものに行く。
 
 サマータイムとかで早く開店してて、まぁ、いつもの開店時間ぐらいにいったんだけど、空いてるよ。でもって、涼しい。
 節電って、空調の温度を上げてるみたいで、このスーパー、最近暑くて湿気もあって無意味にむかついていたのだ。
 今日はそーいうのがなくて快適。

 早起きは三文の得、ですねww

 帰宅して、練習。
 午後、お昼たべて、ちょっと昼寝して、練習。

 さすがに4時間を超えたあたりから、自分がハイになってるのがわかる。
 ランニングハイならぬ、トレーニングハイってやつですかねぇ。

 でもって、地道な練習のおかげで、なんか形になってきて、たまに「私は天才」って感じに弾けたりするのである。
 ホント、たまーーーーーーーーーーにだけどね。

 この調子で、本番にのぞみたいもんだ。
 がんばれ、私。



タグ:練習
posted by xmayumix at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする