2015年09月14日

レッスン@sep-1 2015


 まずは、発表会の感想とか反省とか…。
 師匠いわく、今回はピアノにだいぶ助けられていたそうな。
 毎度ながら皆上手いよね、って思ってたけど、それだけじゃなかったみたい。
 ま、弾きやすいピアノだったり、音がきれいだったりすると、弾いてるうちにテンションあがるからな。
 私は「やっとスランプから抜けた気がしました」っていうと、苦笑いされてた。
 で、来年なに弾くって話になるのだが…。

 見ていただいたのは、
 *バッハ「インヴェンション」14番
 *バッハ「平均律第1巻」8番フーガ
 *モシュコフスキー「16の技術練習曲OP97」15番
 *ショパン「ワルツ イ短調」
 *スクリャービン「マズルカ OP3-1」

 発表会終わったあと、さすがに魂抜けた状態になっててまるっと一週間全然弾いてなかっただよね。
 だもんで、どれもこれも練習不足。
 師匠も「たまにはね」って苦笑い。

 ショパンは、生徒のコンクール用。
 ま、私はそれなりに弾けるんだよ(一応) ただ、それを人に伝えるとなると難しい。と、どれぐらい揺らすかっていう塩梅がわからない。
 つか、やっぱりショパン難しいわ。
 単純であるだけに、難しさがひしひしとやってきてツライ…。
 
 インベンション。
 フレーズの取り方が甘くて…。
 こういう曲のとき、ウィーン原典版は使いにくいのよ。
 ま、これは普通に練習不足。
 
 ついでに、フーガも練習不足。
 つか、結構忘れてたよ<汗
 とはいえ、忘れきってなかったところが、エライというか、年の功だよな。
 長い音は強めに、短い音は小さめに、って全体のバランスが悪いって。
 まだ、弾くだけで必死です。やれやれ。
 
 モシュコフスキー。
 音が面倒なんじゃあ!!
 てことで、ちんたらとしか弾けなくて…。
 とはいえ、スクリャービンのエチュードに比べたら簡単だと思うのだが、某社のレベル表だとこっちの方がめっちゃ難しい扱いなんだよね。
 解せん。
 にしても、ペダルいれてないと弾きにくいって明確にあるもんだな。

 スクリャービン。
 焔が終わったので、も、来年は脱スクリャービンって思ってたんだけど、春秋社の楽譜がコンプリートされた記念に(ww)弾くことにしました。
 一応、生徒の発表会の時の講師演奏用。
 でも、これにするか、別のにするか未定。
 しかし、簡単なようでちょいちょい左右が交錯するので面倒。やっぱりスクリャービンはスクリャービンってことですな。
 
 で、来年の曲なんだが…。
 どうやら、来年の生徒の発表会は早くなるらしい。
 ってことは、講師演奏してから師匠のところの発表会まで結構時間があるってこと。ついでに某コンクールの予選にも時間があるってことだ。
 長年やってるけど、生徒の発表会がこんな早い時期になったことはない。
 ってことは、これは千載一遇のチャンスなんじゃないかと、つい思ってしまった。
 なんで、師匠に「某コンクールに出てみようと思うので、それをふまえて曲を選びたいんですけど」って一応事前にメールしておいたのだった。
 
 家で、つらつら楽譜見てて、シューマンのソナタ2番の一楽章か、プロコフィエフのソナタの1番ぐらいがいいかなって思ってたら、師匠からの返信では「それでもいいけど、シューマンの4楽章か、プロコフィエフの3番もいいですよ」って来てた。

 で、レッスンのあと師匠とあーでもないこーでもないと相談していたのだった。
 話してて思った。私、シューマンはソナタの2番の1楽章だけが好きなのだ。本当に、いったいなに??って思うぐらい<だけ>だった。
 ま、それはおいておいても「コンクールだと現代曲のほうが有利」って師匠がおっしゃるので、自然にプロコフィエフに。
 師匠は、3番押しみたいだったんだけど…。
 「私、案外ロマンチストなんですよ」って言ったら、やっぱり苦笑いして1番になりました。

 ってことで、来年の曲決定です。
 以前弾いたことがあるので、日記調べてみたら(こういう時ネットの日記はめっちゃ便利)13年前でした。
 どうりで、忘れきってるはずだ。
 にしても、楽譜のすみっこがやぶれずに割ときれいな状態だってことは、たいして練習してなかったんだろう。なんで、再トライするにはちょうどよかったかも。

 ともあれ、シルバーウィークの前に曲が決められてよかったです。
 うん。




ラベル:レッスン
posted by xmayumix at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

発表会@2015


 発表会でした。

 楽屋とか、舞台そでとか、どういけばいいのかよくわからないホールだったけど、まだ新しくてきれいだった。
 で、なんせスタンウェイ様ですからww

 まだ新しい楽器みたいで、やたらぴかぴかしてた。
 でもって、すごく弾きやすかった。ま、低音が響きすぎるというか、高音の響きが足りない感じだったけどね。

 つーことで、リハーサルは気持ちよく弾く。
 師匠に「低音、押さえたほうがいいですかねぇ」なんて聞いちゃうぐらい、余裕だった。
 
 本番。
 やっぱり、どきどきする。当たり前だけど。
 で、本気であがると鍵盤が歪んで見えるということを自覚したので、椅子にすわって、とにかく鍵盤を見る。で、真っ直ぐなのを確認する。

 練習が10だとしたら7ぐらいかな。
 音ミスとかあったけど、でも最後まできっちり集中して弾けたと思う。
 うん。
 本当に、あの長かったスランプから抜けたんだなって、やっと実感できた。(去年、ちゃんと弾けたけどこれはこれでいい方向の<まぐれ>じゃないかと疑っていたww)

 弾いて終わって楽屋で、大学生の子とちょこっと話してて「中二病みたいな曲」って言ったらめっちゃ受けてたので、ちゃんと中二病みたいに聞こえてたんだろう。
 ええ。
 焔に向かっては、中二病こじらせてる曲だと思ってますよ。
 ま、このこじらせ具合が私には素敵だったんだけど。
 
 ともあれ、これで没100年に弾く「焔に向かって」は終わりました。
 うん、やりきったよ。
 多謝m(__)m
 
 …で、次何弾くかなって思案中。
 あ、大学生が「幻想曲弾かないんですか?」って聞いてきたので、「あれは難しすぎるよ」って答えたんだけど、ほかにも聞かれたことがあるんだよね。なんか、スクリャービンの中でメジャーな曲扱いなんでしょうかね。
 私は、あの曲は表面が暗いだけだから、ぽくないって思ってるんだけど。

 ま、なんにせよ、さっさと決めないとまずいよね。



 
ラベル:Days
posted by xmayumix at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

レッスン@Aug-2 2015

 発表会前の最後のレッスン。
 間に、お盆があって、まるっと4日弾いてなかったりする。

 あ、今回も「焔に向かって」だけです。
 
 で、ちょっと暗譜がおちかけたものの、なんとかごまかして弾いたら、師匠「よくなったよ」と言ってくださった。
 いえい。
 とはいえ、またまた、そこからダメだしが続くんだけどね。
 ああああ。

 ま、音を立体的にするには、音量だけではだめで、音色ももちろんだけど入り方とか抜け方とか、その辺まで考えないと構築されてこない。特に、手が届かなくて、指で音の保持ができないのだからもっと神経使わなきゃってことで…。

 うーん。
 それを考えていたら、暗譜がおちるww
 まだ、音が魂に刻まれてないんだよねと、痛感。

 あと、「数えないで」って言われて…。
 ちゃんと拍がとれてるからこそ数えてるのが目立つそうな。
 うむ。
 拍は取れてるかもしれないが、よーするに呼吸してないんだろう。

 ともあれ、一応合格点はいただけたみたい。

 つーことで、本番は明日です。
 がんばれ、私。





 
ラベル:レッスン
posted by xmayumix at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

レッスン@Aug-1 2015


 発表会も近いので「焔に向かって」だけ。
 
 と、その前にプログラムをいただく。
 …高校生のあとだったよ。
 
 緊張しないように、って配慮したいただいたような気がする。
 師匠、すんません、毎度ふがいなくて…。

 で、今までで一番よかったと、言っていただいた。
 って、今までがひどすぎただけなんだと思うけどね<汗
 でもって、これだけ、ってしぼってやればなんとかなる。つか、○日って日が限定されてしまえば、そこにむけてなんとかできる。そういう、底力といっていいのか微妙だけど、脚力みたいなものは多分あるんだと思う。つか、今までやってきたことがその力になっているのだと思う。
 だからこそ、子供の習い事でピアノが推奨されてるんだと思ってるんだけどね。

 と、話それたが…。
 色々だめだしされたんだけど、ようするに構成がなってないんだよね。
 延々と同じフレーズが出てくる曲で、ラヴェルのボレロみたいにきっちり盛り上がりますよ、っていうのもなくてとらえどろこがないんだけど、それでも構成があるわけで。
 構成というか、構築だな。
 多分、私が今弾いてるのは、平面図なんだ。
 で、これを立体模型にしなきゃいけない。
 …3Dかぁ。
 
 と、理解したものの、弾けないんだけどね。
 それでも、ひっかかりはとらえた気がするので、あとは練習あるのみ。
  
 って、お盆は実家めぐりなんですけどね。
 あと、きっちり体力をもどしていかないと。
 まだ、弾いたらすごい疲れる。
 体調悪かったのをひきずってるんだよね。
 いやあね、年食うと回復が遅くって。

 次回は、19日。
 発表会の5日前なので、…。
 がんばれ、私ww



ラベル:レッスン
posted by xmayumix at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

29年かけて

 朝、仕事して、買い物いって…。
 あとは、お休みで練習。
 も、弾いても弾いても、わけわからん。つか、できないっ!

 そんでも、延々とちまちまとやり続けたので、明日になったらもうちょっとましになってるはず。

 そんなこんなで、絶賛へこんでるところに宅配がくる。

 きた!!!!!

 春秋社のスクリャービン全集。
 欠番だった、5巻と7巻がやっと出たよぉ。

 見たら、1巻がでたの1986年なんだよね。
 29年かかって、やっと全7巻がそろった。
 ありがとう春秋社。
 やっぱ、アニバーサリーな年は違うもんだ。

 …編集校訂を、伊達純氏と岡田敦子氏がされてるんだけど、2000年に伊達氏はお亡くなりになってるんだよね。
 だから、もう欠番の5巻、7巻は出ないんだろうなって思っていた。(って、5巻は実は去年出てたんだけどね。気づいてなかった<汗)
 で、まず5巻が届いたわけだ。
 ざくっとみて、曲の解説の感じがちょっと違うので、やっぱりこんなに時間がかかった一番の理由は伊達氏のことだったんだろうなと思う。
 が、それでもこうやって出版されたっていうのは、スクリャービンの音楽が認められてきたというか、時代が追いついてきたってことなんだろう。

 全く関係ないのわかってるけど、なんか自分が地味にがんばってきたことの評価であるようにも感じて、すっごいうれしい。

 さ、明日もがんばろう!!


スクリャービン全集 7 (世界音楽全集 春秋社版)
春秋社 売り上げランキング: 279,058







posted by xmayumix at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | scriabin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする