2015年03月15日

レッスン@Mar-1 2015


 師匠宅にいくと、師匠まだ指にがっつり包帯をまいておられた。
 前の骨折がまだなおらないそうな。医者は無情に「あと2週間ね」って言ったと、師匠嘆いておられたよ。
 で、やっぱ年くうと回復力が落ちますなぁ、ってしみじみして、ついでに(?)辻井氏はやっぱ若いわ、ってオチになる。
 いや、ちょっと前にコンサートがあって、その話もしていたので、話がぐるぐるまわってそこにおちたww
 にしても、辻井氏の音は本当に美しかった。常に、あの美しい音を維持できるというのは、最大の武器だよなって思う。でも、うちの田舎の一番大きなホールをみっちり満員にできるのだから、もうちょっと冒険したプログラムにしてもいいんじゃないかと思うだけどね。

 見ていただいたのは、
 *クレメンティ 「ソナチネ 2巻」6番第一楽章 
 *バッハ「インヴェンション」10番
 *モシュコフスキー「16の技術練習曲OP97」13番
 *スクリャービン 「エチュード OP49-5」

 バッハの平均律のフーガは間に合わず。
 嬰ニ短調なんて、わけわからないよぉ。
 
 クレメンティ
 とりあえず合格したけど、ま、リズムとかツブをそろえるとか、基本がねぇ。
 とはいえ、一応<形式>はわかってきたそうな。

 インベンション
 3拍子にちゃんととれてないのと、トリルがぐちゃぐちゃなので次にもちこし。
 あああ。
 師匠に「本当に、こういうのが苦手よね」って苦笑いされちゃった。

 モシュコフスキー
 右手はよくなったけど、左手が、ってことで、もちこし。
 相変わらず音がよくわからん。
 弾いてるとなんかそのわけわからん、というか、ななめいってる感じが気持ちよくなるんだけど、それまでずっとそのななめっぷりに振り回されるのである。
 やれやれ。
 
 スクリャービン、エチュード。
 一応暗譜で弾いてみるよ。
 危なかったけど、最後まで弾けた。いえい。
 師匠も「よくなった、けど」…けど? けど、ですよねぇ、やっぱりww
 よーするに、腕が上手く使えてないので、無駄に力がはいって伸びるべき音が伸びきってないと。
 どうしたって、手そのものが小さいから、手を広げているってことはすでにそこに力がはいってるわけだ。で、それ以上の力をいれることなく動かすっていうのは、ホント難しいです。
 しかし、こんな調子で間に合うのかと、あせる。

 4月のホームコンサート、10人ぐらいになるそうなんだけど、皆、まだ曲が決まってないとか…。
 皆、これで間に合うのか、間に合うんだ…と、師匠宅を出たところで、へんにヘコムのであった。
 やっぱ、花粉症のせいで体調がよろしくないのだろう。だから、ちょっとナーバスになってるみたい。
 やれやれだぜ。




ラベル:レッスン
posted by xmayumix at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

レッスン@Feb-2 2015


 暖かくなりました。
 絶賛、花粉の季節です。
 今年は、アトピーもひどくなってきたので、ただいま無添加生活ですよ。
 洗剤は全部石鹸にかえ、シャンプーも石鹸。リンスは、お酢だよ。
 かゆいのって、地味にHP削るんだよね。切り替えてまだあまりたってないので、全快って感じでは到底ないのだけど、ちょっとだけましになってきた。
 にしても、体があちこちがたがたしてきて、とりあえず元気にピアノ弾けるってことがどんだけありがたいかしみじみいたします。

 見ていただいたのは、
 *クレメンティ 「ソナチネ 2巻」6番第一楽章 
 *バッハ「インヴェンション」10番
 *バッハ「平均律1巻8番」プレリュード
 *モシュコフスキー「16の技術練習曲OP97」13番
 *スクリャービン 「エチュード OP49-5」

 まずは、ホームコンサートの日にちを…。
 結局、4月26日になりました。ってことは、あと2か月弱。がんばれ、私。
 と、発表会も8月23日になったとのことで。
 でも始めてのホールなんだよね。師匠「いつものところ取ろうとしたら、ダメだった」ってけらけら笑っておられたよ。師匠らしい。
 ついでに、某コンクールの日程をお聞きしたら「出る?」って。
 いや、単に日を聞いてみただけで、まだ出てなんですね。
 出てみることに関して決して後ろ向きではないのだけど、むしろ、一回そーいうのを経験してみるべきだと思っているのだけど、仕事の都合がつかないとダメだし、去年おととしと月曜日だったからどうしようもなかったものね。ま、それでも夏にむけて春からレッスン回数を調整していかないとダメだから、そろそろ日程が出てないと難しいんだよね。やれやれ。
 あ、師匠は出ることに関しては、やれば、って感じです。「でも、焔に向かって、ではだめですよね」っていうと苦笑いしてたけど。でも、もし出るなら、焔に向かって、を弾きたいですよ。うん。

 で、クレメンティ。
 構成考えて、リズムちゃんとして、って。
 すみません、至るところが甘くて。
 つか、2/2が死ぬほど苦手なんですけど。一生懸命2拍子でとろうとして、結局どうにもならなんだって感じ。どっちにしろもっと弾きこまないとね。
 なにやっても時間がかかる自分のどんくささが、ちょっと悲しい。

 バッハ。
 インベンション。8分音符をノンレガートで、トリルは3連符で、って。
 できない<落涙。
 左でトリルいれたら、右が勝手につながるんですけど。
 ともあれ、それをきちんとして「もっと早く」
 ああああ。

 平均律プレリュード。
 各声部のメロディの流れを、行き先を考え、って。
 でも、これは合格。「よく弾けてた」だそうですよ。いえい。
 つか、こーいうのは本当大好き。ヨーロッパの石造りの家で、しかも冬で、その冴え冴えとした空気の中に響いている感じがものすごく好き。
 いやあ、バッハはやっぱりいいわ。

 モシュコフスキー。
 リズム練習して、て。
 音の流れを塊でみてないので、ぼろぼろ間違えるってことで。
 にしても、地味に音がとりにくいというか難しいですよ、モシュコフスキー。

 で、同じように地味に妙に音がとりにくいスクリャービン。
 左手がマズイって、延々と左手の片手練習をしていったのだけど、師匠からすると「右がだめ」ですって。
 右の手首をつかって、叩くのではなく響かせて弾く。5に重さをのせる、そういうのが不十分だから何がなんだかってなってるって。
 うむ。そうなると、もうちょっと手が大きいと楽なのにね、って感じになるんだよね。
 が、それをどうカバーしていくかというと、脱力しかないわけで…。
 チンタラ弾いてるのだけど、師匠はテンポあげるよりは響きをきれいに、だそうですよ。が、「きちんと重さを乗せられたらテンポもあがる」ですって。
 …やっぱ、最終的にはテンポあげないとだめなんですね。
 ああああ。

 がんばれ、私ww





ラベル:レッスン
posted by xmayumix at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

レッスン@Feb-1 2015

 
 数日前とはうってかわって、暖かい朝。
 暖かいと体調もよくなるので、ありがたい。
 
 が、師匠宅で師匠にお会いして驚愕。
 師匠、そのお顔は、その手は…!!

 旅行いかれてて、こけちゃったんだって。
 で、左の小指骨折して、顔の左半分が青黒くなっていた。
 「もう若くないって思った」って師匠笑ってらしたけど…。うむ。確かに。年取るって、こけたぐらいで大けがになってしまう、とっさに受け身とかショック体勢とかがとれなくなるってことなんだなと、実感。
 やっぱ、ストレッチを真面目にやらんといかんと、思ったのであった。

 見ていただいたのは、
 *クーラウ 「ソナチネ 2巻」5番第一楽章 OP55-5
 *バッハ「インヴェンション」9番
 *バッハ「平均律1巻7番」フーガ
 *モシュコフスキー「16の技術練習曲OP97」13番
 *スクリャービン 「エチュード OP49-5」

 「焔に向かって」は今回お休み。
 前回のレッスンで、ホームコンサートは3月って話なったので、これはエチュードに集中しなきゃ仕上がらないって焦ったので。まあその割には、色々もっていてますがww

 クーラウ。
 毎度リズムが悪いって言われるので、鬼のようにメトロノームかけていったら今度は拍をとりすぎて流れがないって。
 バランス難しいなぁ。
 あと、音色の変化とかを指摘される。
 うむ。でも、なんか「ソナタ形式」という<形式美>を思い出してきた気がする。

 インベンション。
 前回左手の練習と、リズムの取り方が甘かったのを猛反省して、片手がんばる。
 ま、師匠曰く「左が右ほどうたえてない」だって。ああああ。
 あと、トリルはいると崩れるのが…。「意識しすぎ」だって。うむ。チキンな性格が災いしてるのだろうか?
 ともあれ、すんなり合格。
 やっぱ、インベンションは苦手なのとそうじゃないのとの差が激しいです。でもって、それって中学の頃から変わってない…。成長ないな、私。

 平均律。
 16分音符を滑らかに、8分音符は均等に軽く、のびている音は響かせて、とその弾きわけがもっとできるといいのにね。といわれつつ、一応合格。
 
 モシュコフスキー
 音拾っただけの状態で、見ていただくのはどうかと思いつつ、まぁここで別のベクトルになってると修正がたいへんなので見ていただく。
 で、指の重さをおいて弾くっていうのを延々とやる。
 指の重さ、腕の重さ、肩の重さすべてを一つ一つ置いていく…ってすごい難しいんですけど。
 ようするに、脱力なんだよね。
 それができたら、きれいな音で早く弾けるって言われるんですど、先は長いねww
 
 スクリャービン。
 で、ホームコンサートが…。
 まだ日が決まってなかったよぉ<落涙
 で、あと3月のだめな日を申告して…。29日になりそうな感じです。って、あとひと月半ってやばすぎる。
 テンポが全然でてないんですけどね。で、ここでも指と腕の重さをおいて弾くっていうのをやる。
 あと、左の1が痛いのをいうと、指使いを直していただく。
 うむ。痛いのは無理してる証拠なんだよね。で、無理はたいてい指使いでなんとかなるもんだ。
 ともあれ、体の声をちゃんと聴かないとね。

 さ、次もがんばりましょう。





ラベル:レッスン
posted by xmayumix at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

レッスン@1月 2015


 まずはコンクールの話で盛り上がるww
 師匠は別の地区の審査員をされてるのだが、いわく「金賞に値する子がいなかった」だそうで。でもって、「16分音符がそろってる子がほとんどいない」だったそうな。
 やっぱり、ソナタソナチネになるとちょこっとしたミスとか、タッチのあいまいさが顕著になるので、ハードルが高いです。
 ともあれ、ソナタソナチネじゃない部門の方で私の生徒が銀と銅にはいったのをご報告。特にヴァリエーション弾いた子は、それぞれのヴァリエーションの特徴をとらえてよく表現されていたっていう評価をいただいたので、本当に師匠のおかげですm(__)m
 しかし、次のコンクールを考えるとすでに胃がいたい…。

 見ていただいたのは、
 *クーラウ 「ソナチネ 2巻」5番第一楽章 OP55-5
 *バッハ「インヴェンション」8番
 *バッハ「平均律1巻7番」フーガ
 *モシュコフスキー「16の技術練習曲OP97」12番
 *スクリャービン 「エチュード OP49-5」
 *スクリャービン「焔に向かって」

 クーラウは次のコンクールのために。
 私が苦手なんです、って逃げてたら埒があかないので、とにかく数弾いてソナチネになれる。つーても結構苦痛なんだけどね。あんま<精神>とかあふれる<感情>とかを感じないもの、ソナチネには。まぁ、これも弾きこんでいったら変わるかもって、期待するしかないでしょ。
 で、コンクールから1週間強で弾ける曲で、クーラウ選択<おい
 音の粒をそろえること、クレッシェンドのもっていきかた、などなど細かくやっていくときりがないぐらいで、疲労困憊しました。で、ずっと「力ぬいて。響かせて」って言われてて…。
 脱力、そこそこできてきてるように思ってたけど、まだまだだったことにガクゼン。
 まいった。

 バッハ。
 インヴェンションは合格。でも、ソナチネの続きみたいに、指の付け根から動かして、って言われるんだが上手くいかん。
 フーガは、内声が途切れるってことで、合格ならず。
 うーん。各声部別にって色々やったんだが、甘かった。と、指使いはもっと考えないとね。
 
 モシュコフスキー
 一応合格。っても、も、物理的に弾けないから、仕方ないねって感じ。
 うん。も、全然1-4が開いてないもの。師匠と私、さほど手の大きさはかわらない。でも、師匠は1-4がきれいに180度ぐらい開いているので無問題で弾かれる。私は…120度ぐらいかなぁ。話にならん。
 スクリャービンはじめてそれでも結構広がってきたと思ってたんだけど、まだまだやねぇ。

 スクリャービン
 エチュード。5を中心に響かせることをいわれる。でも叩かない。弾いた後の音を聞いてと言われるのだが。難しいの。

 焔に向かって、も基本同じようなことを。
 出るべきところが出てないので、ただでさえわけわからん曲が…。
 まいった。

 
 で、ホームコンサートの予定をお聞きしたらまだ何も決めてないそうで。なんでこの日はだめなんですよと自分の予定を申告。したら師匠「じゃ、3月ね」とおっしゃる。う、師匠なぜ前倒し??
 ついでに発表会の予定もお聞きしたら、やっぱり未定。
 あああ。
 師匠、もうじき年間の予定をたてないとまずいので、早めに決めてくださいよと思うのである。

 にしても、ほんと1年が早くていやになるわ。
 年くうはずだ。




ラベル:レッスン
posted by xmayumix at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | scriabin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

コンクール 平成26年度

 
 来年度から、コンクール時期が早まるので今回のは平成26年度ってことで。
 つか、2015年のコンクールは12月だとさ。
 わぁ、今年って2回もあるのかぁと、すでに胃がいたい。

 で、なんつーか、現在敗北感でヘコミ中。
 やっぱ、自分で自身のない曲って、だめなんだなと…
 反対に、選択曲とはいえいいチョイスをしたと思ったのは、賞にはいったからなぁ。
 特に、今回賞に入った子は、ずっと出ていたものの賞に至ることはなくて、今回ははじめ出ないって言ったり途中練習しなくてお母さんがキレたりしてた。終わった時は、どうってことないさ、みたいなクールな態度とっていたけど、多分家でじわっと喜んでると思う。小学6年生で男の子で絶賛反抗期中で、でもこの時に賞に入れたっていうのは、今までの努力が結果になったっていうのは本当に大きいと思う。
 もう一人も、地味に努力する子なんだけど、反抗期こじらせてるので、いろいろ難しいかったんだけど、本番できっちり、今まで一番いい演奏ができて賞につながってよかった。

 途中までよかったのに、後半で集中力が切れた子がいたり、弾き始めたときに、ん、ってなっててそのままざっくりになったり、途中で一瞬とまったり、まぁ練習の積み重ねがその結果といえばそうなんだろうけど、それだけでもないからなあ。
 
 さて、次はどうするか、思案中。
 ともあれ、今年度最大のストレスが終わった。
 これで、秋終わりごろから続いてる体調不良が治るといいんだけどね。

 ってことで、年の挨拶もなくぬるっと2015年が始まるのである。
 14日に最初のレッスンもあったんだけど、省略ww

 …あ、なんだかんだで<全国大会>の心配しなくてよくなってよかったかも<をい
 だって、このままだと師匠のところの発表会と日程がかぶりそうだったもんね。かぶったら「私、焔に向かって、弾けないじゃん」ってこっそり心配していたのだ。
 捕らぬ狸の皮算用だったねww




posted by xmayumix at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | monologue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする